初心者にはブログ型ホームページWordPressをおすすめする理由

ホームページとブログ、最近この2つの区別がなくなっているような感じがしませんか?

アメブロのような無料ブログだけ、という方も結構います。たしかに検索結果に表示されるのはブログ記事なので、ブログだけでも良いとも言えるのですが。

でも、総合案内的なトップページがあれば、サイト訪問者が自分に必要なものがひと目でわかりますし、そのほうが親切です。

ホームページのようなトップページとブログ機能、両方一度に持つことができるのが、WordPress(ワードプレス)。今回は、個人事業主や自宅開業をされている人が使っているアメブロやJimdoとの比較をしながら、WordPressのご紹介をします。

 

無料のホームページやブログサービスのメリットとデメリット

ウェブが苦手という方は、アメブロでブログを書いて、Jimdoなどの無料ホームページを使う、というパターンが多いですよね。

Jimdo

Jimdoは、初心者でも簡単にホームページを作れるようになっている優れものです。わたしもJimdoが出始めた頃に使ったことがありますが、ショッピングカートの機能まで付いてすごいな〜と思った記憶があります。

今はテンプレートも多くなり、利用者は多いもののデザインが被るということもなさそう。コンテンツも充実したホームページを作成できます。

注意点は、無料も有料もバックアップが取れないということ。一生懸命作っても、何かあったときに再現できないというリスクがあります。

 

アメブロ

アメブロユーザーは相変わらず多いです。それだけ初心者にとってハードルが引くい印象なのでしょう。スマホから簡単に更新できるというのも、メリットのようですね。

気になるのは『商用利用禁止』とういうガイドライン。有名なアメブロ集客のコンサルタントが次々ブログを削除されると言う現象に、アメブロユーザーが慌てるという事象が数年前に起こりました。

 

その頃書かれた記事で、とてもわかりやすいものがありましたので参考まで。

▶ アメブロの商用利用は禁止なのか? 公式に確認してみた

 

上記のブログによると、悪意がなければ少々ビジネスっぽいブログを書いてても大丈夫、ということのようです。でも絶対安全ではない、という結局モヤモヤする結論です。

それから、GoogleやYahoo!検索で表示されるための『SEO対策』と『アメブロ集客』は別物です。アメブロの外に自分のブログが出る、つまりGoogleやYahoo!検索で表示されるためには、SEO対策もする必要があります。

 

ブログ型ホームページWordPressの利便性

ちょっとここで、閲覧者の気持ちを考えてみましょう。

アメブロはSNSなので、アメブロの中でいろいろな人のブログを見ていると想定すると、ホームページなど外部リンクに飛ぶのは閲覧者にとってはリスクなんじゃないか?と想像します。

それに、ほとんどのユーザーはスマホで見ていますから、リンク先に飛ぶと当然アメブロから画面が変わりますからね。

それに、同じ人の情報を見るためにあちらこちらのリンクに飛ばなければならないというのは、閲覧者の利便性を考えると良くないと言えそうです。

 

アメブロをホームページの代わりに使うためにカスタマイズをしても、それはパソコン表示用。スマホ用のテンプレートが予め表示されるようになっているので、お金を掛けてカスタマイズしたところで、スマホでは表示されません。

 

おすすめするWordPressは、トップページをホームページのように見せることもできるので、とても便利です。

見ている人も外部サイトに飛ぶこともなく、同じサイトの中で動いてもらえます。そして、自分も管理するものがひとつに集約できるので、とても便利と言うことになります。

 

初心者がやってしまいがちなWordPressの失敗例

せっかくWordPressを持っているのに、外部サービスのブログを使ってしまっている人がいますが、それは本当にもったいないです。

なぜもったいないのかは、以下のブログに書いてある通りです。

関連記事▶ わざわざアメブロで書くなんてもったいない!WordPressを活用しましょう

 

苦手なことは専門家に頼めば良いということで、ウェブ制作会社に外注するのも1つの方法ですが、その際にやってしまいがちなのが、デザインなど自己満足型のウェブサイトになってしまっているパターン。

特に、ウェブマーケティングを理解していない制作会社に発注すると、こちらの要望にはすべて応えてくれるけれど、できあがったものはお客様目線じゃない、ということが多々あります。

 

ブログ型ホームページWordPressの事例

お役立ちサロンがプロデュースさせていただくお客様は、WordPressを使うのが初めての方ばかりです。WordPressどころかアメブロでもあまり記事を書いていなかったという方もいらっしゃいます。

 

 

ホームページを作ることとブログを書くことは、厳密に言うと違います。でも、「お客様はどんな情報がほしいのか?」という視点を持つことは共通していること。

ご自身でWordPressを作るときは、外見のデザインよりもコンテンツの作り方に重点を置くのが良いのです。

 

初心者が知っておきたいWordPressのはじめ方

無料のサービスを使っていると、運営サイドの都合で急な仕様変更があったり、使いたい時にメンテナンス中で使えないなど、不都合なことが多くなりがち。

WordPressのウェブサイトを制作会社に依頼した場合、会社によっては管理権限を必要最低限にして、自分で変更できないようにしているところもあります。

 

ウェブサイトは自分で更新する時代。更新手続きが自分でできないと、その都度コストが発生したり情報発信にタイムラグができるなどのデメリットが発生します。

自分で管理、運営することができれば、いつでも更新ができますし、自分で更新するのですから当然お金も掛かりません。運営に掛かる費用は、年間のサーバー代10,000円前後、年間のドメイン使用料は高くても1,500円程度で済みます。

 

自分でWordPressを作ってみたい!という方は、レンタルサーバーを借りるところから始めますが、本当にWordPressでブログをがんばりたい!と思った方だけ契約してくださいね。

大した金額ではないけれど、あとで使うかわからない、結局使わなかったとなるとムダな出費になってしまいます。

無料を使えば0円ですが、無料であるがゆえのリスクを考えて、自分にとってどの方法がいいかを考えましょう。