Facebookページは「いいね!」をリクエストしないほうが良いワケ

<2017年12月9日編集済み>

Facebookでこんなお知らせをよくもらいませんか?

「◯◯さんが自分のページ☆☆☆へのいいね!をリクエストしています」

これは、Facebookページへ「いいね!」してください!っていうお願いですね。

自分に興味のあるサービスや商品だったら喜んでいいね!なんだけど、どう考えても自分には無関係だったり、あんまり興味ないなあって思うのもありますよね、ぶっちゃけ。

実は、いいね!のリクエストを友だちに送るのはあまりおススメしません。なぜかというと、結局はFacebookページのためにならない、良い影響を与えないからです。

いいね!集めは逆効果と心得よ

なぜ、リクエストをおすすめしないかと言うと、闇雲に「いいね!集め」をしてしまうと以下のような結果になるという事象があるから。

義理いいね!なのでページに興味のない人の数が集まる
 ↓
ページにいいね!数(ファン数)が多い割には投稿にいいね!やコメントが付かないという現象になる
 ↓
このFacebookページの投稿は重要でなないと評価されて表に出にくくなる

 

お役立ちサロンも立ち上げ時に招待してしまいました。今はほとんどがお友だち以外になりましたが、あまり反応はよくありません。わたしの失敗ですトホホ。

いくら1000いいね!があっても、投稿にいいね!が一桁なんてことになっていたら要注意。結局リーチ(投稿が誰かの目に触れる)数が少なくなるので、拡散させることがFacebookページの仕事なのに、機能してないことになります。

じゃあ、全く招待しないほうが良いの?というとそうではないです。立ち上げたばかりは誰にも見つけてもらえません。だから、本当に応援してくれる友だちにお願いするのは良いと思います。

または、「Facebookページを作ったのでご興味あったら応援お願いします!」と投稿するのもいいですね。

信頼されるページ運営をすること

実は、極力お友だちに招待しない運営をしている事例があります。お客様の事例なのですが、少ないいいね!でも良い結果が出るというケースです。

事例はこちら→招待しないほうがいいかも!?真のファンを集めているFacebookページとは?

上の事例でも書いていますが、Facebookページに投稿した情報に「知って良かった!」「面白かった!」という反応が得られることで自然に拡散します。

これは、『自分の知らないところで知らないうちに』なので、コントロールはできません。それに、ページにいいね!を集めるよりも優先したいのは、自分のブログ記事を読んでもらう、つまり、自分のサイトにアクセスしてもらうことです。

闇雲にリクエストの招待は送らないのもそうですが、逆に、ページのリクエストに気軽にいいね!をするのも、その人のためにもやめておいた方が親切かも。

ページへのいいね!数が多ければ見栄えがいいからという考えの人もいるようですが、各投稿に反応がなかったり、投稿をほとんどしていないページでは信頼には繋がりませんし逆に見栄えが悪いのでは?

見栄えだけの静的な数字ではなく、ちゃんと働いてくれる動的な数字を重視しましょう。

ブログ著者

もち月りえ
もち月りえウェブ&ブランディングコンサルタント。フリーランス。
ウェブが苦手な小規模事業者、経営者にウェブ集客の本質を伝え、ブランディングに繋がる発信をサポートしている。
趣味はテニスとゴルフ。最近は大人のピアノに挑戦中。

集客相談

ウェブが苦手な方や悩みをお持ちの方に、アクセスアップや集客につながる具体的な改善点をお伝えします。