診断系アプリは安全そうでもとりあえずやらないほうが良い理由

 

久しぶりに、Facebookの友だちがアカウント乗っ取りされました(>_<)

99人もタグ付けされていたので(わたしもそのうちの一人)、絶対おかしい!と思ったら案の定・・・もう、本当に困りますよね、乗っ取り犯(怒)

 

最近、姓名判断とか、自分の性格とか、そういった診断系アプリも増えていますよね。一見、怪しくない感じのが多くなりました。

こういったアプリ、裏で自分の個人情報を提供するようなシステムになっているらしいのです。だから、使わない方が安全。

 

2015年12月9日追記:

最近Facebook上でよく見かける「My Most Used Words on Facebook(Facebookで一番よく使う言葉)」というアプリが個人情報を抜き取っているというという下の記事を見つけました。

フェイスブックでアプリを楽しんでる? もしかしたらあなたの個人情報ガッツリ取られてるかもしれませんよ

流行中Facebook診断アプリは個人情報を抜かれ永久的に悪用

 

実際にどんな情報を抜き取っているか調査した会社があり、友だちリストまで抜き取っているというので驚きです!!ぜひ読んでみてください。

 

 

アプリ

 

一通り質問に答えた後、最後に出た診断結果をFacebookでシェアする、という仕組みになっているようですね。ここでシェアすると個人情報が抜き取られるのですね、きっと。

診断する前に「Facebookでログイン」をしてしまうのもキケンです。

よくわからないものは、やらないのが一番です!

 

診断アプリをしているFacebookの友だちの結果を見ると、たしかに良く当たってると思います。そして、本人の自尊心をちょっぴりくすぐられる内容なのかなと感じます。

診断結果が自分が思っていることとマッチしていたり、結果が良かったりするとシェアしたくなる。そういう心理をついていると言えます。

 

「自分はこういう人」という見せ方もできるのがFacebook。だから起業家やビジネス目的で活用する人も多いです。

ソーシャルメディアは確かに発信力もあるし、ブランディングにも活用できる道具ですが、自分だけでなく繋がっている人たちも巻き込むとしたら、リスクを取ってまで使うのかどうか?そういう点も考慮して注意しないといけませんね。

 

そういえば、昔からありましたね!人気占い師が途中まで鑑定して、この先を知りたかったらメールと名前を入れてくださいとか、有料になりますとか。

そういう方がわかりやすかったし、返って危険な目には合わなかったと思います。

シェアというのは、良いものを拡散するにはとても良い手段ですが、リスクもあるということ。シェアする内容が信頼できるかどうかを判断してからがいいですね。

自戒も込めて。