わざわざアメブロで書くなんてもったいない!WordPressを活用しましょう

Web集客は「数が多ければ良い」という時代は終わったと感じています。

スマホでなんでも検索する時代となった今、サイト訪問者は質を求めていると感じざるを得ません。

『誰に』『何を』伝えるのか?ここをとことん絞ることで、質が上がると実感しています。

発信する場所はもっと大事

Facebookのいいね!の数を気にしたところで、所詮繋がっている知り合いや、Facebookを使っている人だけの世界です。コミュニティ色の強いFacebookでは、「繋がり」を意識することです。

くれぐれも数に囚われないようにしましょう。

SNS型のブログ「アメブロ」もコミュニティ型に近いです。そして、アメブロでたくさん稼ぎたいならばガツガツやること。笑。アメブロで大きな結果を出している人はかなり努力をしているはずです。それが自分に合うならやりましょう。

ワードプレスはコツコツ型

ワードプレスなどの独自ドメインのブログは、アメブロのようなコミュニティー色は皆無なので、市場がもっと大きくなります。運営方法もアメブロとは違います。ガツガツというよりもコツコツです。

所属も依存もしていないので、自分の思い通りにできるという点でわたしは選んでいます。

アメブロ+ワードプレス

さて、「アメブロ」が出たところで今日の本題「もったいない」話しに移りましょう。

よくお見かけするのですが、せっかくWordPress(ワードプレス)を持っているのにアメブロでブログを書いている方。私が「もったいないな」と感じるのがこのパターンです。

WordPressはそもそもブログシステム。ホームページとしても使える自由度満点なシステムです。

参考ブログ

ウェブ集客初心者にブログ型ホームページWordPressをおすすめする理由(デメリットも)

Googleさんも、優良なブログシステムとして推奨しているくらいです。だから、ワードプレスを持っているなら、そこでブログを書かなければ「もったいない」。

ワードプレスでブログを書く気がないなら、ホームページは無料のJimdoでもペライチでも十分ですよ。

もったいないことにならないための注意点

さらにもったいないことにならないためにも、特に以下の点に注意すべきです。

  1. SNSと上手に連携しているか?
  2. お客様を運ぶ導線ができているか?
  3. お客様を意識したタイトルになっているか?

この3つはワードプレスでサイトを作る上でとても重要なところ。

タイトルは非常に大事。なぜなら、クリックするかどうかを決めるところだからです。

タイトルを意識しないのは、SEOを意識していないのと同じなので本当にもったいないのです。インターネットという大きい市場の中で、自分のことを見つけてもらうためには、タイトルはとても重要なポイントなのです。

まとめ

ウェブサイトは道具です。道具はその性能を引き出してあげて、パフォーマンスが上がります。

もったいないことをしていないか、ぜひチェックしみてくださいね!

ブログ著者

もち月りえ
もち月りえ初心者専門ウェブコンサルタント
東京生まれ下町育ち。
キャリアのない専業主婦からフリーランサーに。主婦の時に楽天フリマで出品しながらマーケティングを独学。「なぜ売れるのか」「なぜ行列なのか」「なぜ買うのか」など女性の購買心理を考えるのが好き。趣味:テニス、SNSで情報収集。