ウェブ集客に最も大切なのは訪問者に信頼してもらうこと!

 

今回は信頼されるウェブサイトにするために大切なことは何だろう?ということについて。

最近リニューアルされたお客様のウェブサイトを参考にしながらご紹介します。

酒井税理士事務所
http://sakai-zeirishi.com/

税理士さんのウェブサイトです。

 

サイトオーナーはカフェ、飲食業の経営管理が得意な税理士さんです。

実は、リニューアルする前は3つのウェブサイトを管理されていました。すべてWordPress、すべて税理士目線でのお役立ち情報を更新していました。

3つのうち、ホームページ代わりにされていた1つをリニューアルしたいというご希望でしたが、ヒアリングを重ねた結果、3つのWordPressを1つにまとめることになりました。

所有するウェブサイトがひとつになったので管理は今まで以上に楽になり、年間ドメイン料も、今後は1つ分で済みます。

そもそもWordPressは、ホームページとしても見せられるし、同じドメインでブログも更新していける、とても便利なシステムなのです。

 

ウェブから集客につなげるためには信頼されること

 

さて、今回は税理士事務所のウェブサイトということなので、特に『信頼性』を重視しました。もちろん、どんなサービスでも信頼性は大切ですが。

検索した人が最初に見るのはブログです。そこで初めて接点ができて、自分のことを知らない人が自分の書いたブログを読んでくれる。だから、第一印象はすごく大事だと思います。そこから信頼が得られるのではないでしょうか?

 

ブログの印象が良ければ、次のブログやトップページに飛んでくれます。

実は、『トップ』や『ホーム』をクリックする確率は、意外と高いというデータがあります。

わたしのサイトやお客様のサイトを検証してみると、トップページのクリック率は65%ほど。結構クリック率、高くないですか?

 

トップに飛ぶということは、訪問者が自分の目的と合っているか、信頼できる人または会社なのか等を確認するためでもあります。

逆に『トップ』や『ホーム』のクリック率が低いウェブサイトは、

・ブログが訪問者の目的や期待と違っていた

・その記事だけで満足して離脱(そのページで終わりにする)

・ブログの内容が信頼できない

などのことが考えられます。

 

トップページが重要とはいえ、デザイン重視の自己満足で作ってしまうのは違います。あくまでも訪問者、お客様目線であることは言うまでもありません。

 

ウェブサイトで信頼を得るための3つの注意点

 

トップに飛んだり、他のブログ記事を読んだりしてくれる訪問者は、自分のターゲットとするお客様に近い可能性があります。

なので、ターゲットとするお客様のことを考えて、以下の3点を重視すると良いと思います。

▼▼▼

1 お客様はスマホで見ている?それともパソコン?

2 サイト全体がスッキリ見やすい?

3 お客様の知りたいことや目的に迷わず行ける?(導線を考える)

 

1 お客様はスマホで見ている?それともパソコン?

これは、全体のデザインはもちろん、各ページのデザインをを考える上で重要です。自分のターゲットとするお客様は、情報を得たいときにスマホで検索するのか、パソコンで検索するのかを考えてウェブサイトをデザインします。

お役立ちサロンでは、ウェブデザイナーに相談しながら全体のデザインを考えます。

 

2 サイト全体がスッキリ見やすい?

これは、画像が多過ぎたり文字が多過ぎて見にくくないかをチェックします。ゴチャゴチャしていると離脱率(そのページで終わり)が高くなります。

 

3 お客様の知りたいことや目的に迷わず行ける?(導線を考える)

『これは何のサイト?』がすぐにわかることはもちろんですが、『どこをクリックすると何がわかるか?』が一目瞭然であることが大事。

例えばカテゴリーが複雑で多過ぎるなど(階層が深いという言い方もします)、サイト訪問者が迷子になるようなウェブサイトは、二度とそこには訪れてくれません。

 

集客につながる仕組みづくり

 

信頼していただいた上でおすすめしたいのが、お客様とコミュニケーションできる施策です。例えばメルマガ、メール講座などへ登録していただく仕組みづくり。

今回の税理士事務所のウェブサイトの場合は資料のダウンロードにしています。

例:事業計画書ワークシートダウンロード
→http://sakai-zeirishi.com/menu/worksheet/

 

PDFファイルのダウンロードにしたのは、ターゲットとするお客様のことを考えた結果です。

・毎日メールを読むような時間はない

・情報はパソコンで探している

・今すぐにでも改善したいことがある

以上の点を想定し、お客様に合った情報を提供するには、ステップメールで毎日メールを送るよりも、一度にダウンロードして情報を入手できた方が良いと判断したのです。

 

ホームページやブログの作り方は、業種やお客様が違えばみんな違うのです。みんながしている流行りの方法が自分にもそのまま当てはまるとは限りません。

・お客様がどんな状況にいるのか

・どんな生活をしているのか

・どこから情報を得ているか

などを考えながら、ホームページをデザインしたりブログを書いてみてくださいね。

 

 

[adrotate group=”3″]

 

 

ブログ著者

もち月りえ
もち月りえウェブプロデューサー、ディレクター
東京生まれ下町育ちの50代
共働き→15年間の専業主婦生活→45歳でフリーランサー。今は会社員。
主婦時代、ネットオークションに出品したことがきっかけでマーケティングに興味を持つ。「なぜ売れるのか」「なぜ買うのか」購買心理を考えるのが好き。趣味:テニス、SNSで情報収集。