「Facebookはもう終わった」そう考えるのはまだ早い!一部の起業家に惑わされちゃいけません

 

最近、人と会うたびに「Facebookはもう飽きた」「Facebookはもう終わった」「Facebookは疲れる」、そんな話しが多いです。

これを読まれているあなたはどうでしょうか?Facebookはもう終わったな、と感じていますか?

コンサルタントの立場から、現時点でFacebookはまだ使えます。ただ、今までと同じような使い方では効果は得られないとは思っています。

なぜなら、ユーザーはつながる人を選び始めたのではないかと感じているからです。

今まではあまり深く考えずに友だち申請に応じていた人も、エンゲージメント(仲良し度)が低いFacebook上の友だちを削除したり、フィードに上がらないようにフォローをやめたりしています。

 

Facebookのタイムラインではみんな同じことをしている

個人で起業、活動していると、自分と同じような立場の方々とFacebookでつながることが多くなりますよね。仕事も交流会も、自分と関連した人との出会いが多くなりますから。

そうなると、そんなに広い交友関係ではなくなるので、どこかでつながっているような状態です。アメブロを使っている人はそこでのつながりと、かなりダブるのではないでしょうか?

 

特にアメブロユーザーに多いのが、ある特定のコンサルグループに入っているパターン。というよりも、コンサルグループのほとんどがアメブロを使わせているからだと思いますが。

Facebookのフィードに上がってくる投稿を見れば、「あのグループの人たち」「このグループ人たち」というように大抵選別できます(笑)

なぜかというと、自撮り投稿やコミュニティー同士で紹介し合う投稿など、そういうのを一日何度も投稿し、

・つながっている人を使って友だち申請
・いいね!をつけて周る
・当たり障りのないコメントを入れる

というパターンができているからです。つまり、みんな同じ方法で成果を出させようとするコンサルタントがいるということです。

 

コンサルタントの言うことを従順に守っている真面目な方はあまり気づいていないかもしれませんが、この方法はFacebookでつながっている人にはあまり、というよりかなり悪い印象を与えてしまっています。

そもそも、コンサルタントはクライアントの問題解決をするのが仕事のはず。新たな問題を作ってしまっているのではないかと、勝手に心配してしまいます。

 

Facebookは自分自身を素直に出して応援したい人だけを応援する

Facebookが終わったと感じるのは、投稿内容がワンパターンだったり、当たり障りのない内容だから、というのもあります。

Facebookでの反応を気にし過ぎると、そうなってしまうのかもしれません。Facebookに限らずウェブの発信は、見ている側をこちらがコントロールすることはできません。

逆にコントロールしようとするような投稿は、特に女性にはあまり好まれません。

 

見ている側は、勝手に判断するのです。人は自由に思い、判断します。みんなそうです。

だからこそ、日頃の投稿は大切なのです。自分自身を必要以上に飾ることなく、必要な人に必要な情報が届けば良いな、とそれだけを思っていれば良いのです。

そして、自分が本当に応援したい人だけを応援すればいいのです。(イベントやブログのシェアなど)

 

もし自分を不快にするような投稿ばかりしているFB友だちがいたら、思い切って削除かフォローを外すというのもいいんじゃないかなあ。

Facebookは、ビジネスでのウェブ活用において、あくまでも補助的役割です。そのことを忘れないようにしましょう。わたしは楽しく使えないなら思い切ってやめてしまっても良いと思っています。

でも、いろいろな出会いの可能性があるFacebookです。楽しく使いながら、ビジネスにも上手に活用していきたいですね。

 

 

ブログ著者

もち月りえ
もち月りえ初心者専門ウェブコンサルタント
東京生まれ下町育ち。
キャリアのない専業主婦からフリーランサーに。主婦の時に楽天フリマで出品しながらマーケティングを独学。「なぜ売れるのか」「なぜ行列なのか」「なぜ買うのか」など女性の購買心理を考えるのが好き。趣味:テニス、SNSで情報収集。