小さく始めた個人事業主のためのコンサルタンとの選び方と注意点

ひとり起業、プチ起業、ママ起業、サロネーゼなどなど、個人事業主が多くなりました。わたしもそのうちの一人です。そして、そのような人たちを対象にした「コンサルタント」も多く存在しています。

わたしも起業したての頃コンサルタントにアドバイスを依頼したことがあります。でも、まったく効果がなかったり、高額の割には手薄だったりという経験があります。

ただ、今思うとそれも良い経験でした。他人に頼らず独学するしかない状況だったので、鍛えられました(笑)それに、良かったと思わなかったのは自分に必要な人材を選ぶ技量がなかったからなのです。

小さいビジネスをする個人事業主向けのコンサルタントの存在自体がまだ新しく、実際にコンサルティングとはどんなことをするのかよくわからない、という方もいらっしゃるかもしれません。

わたし自身も偉そうにこのテーマでブログを書けるほどではありませんが、わたしの数ある失敗経験から、気をつけたいポイントをお伝えしたいと思います。

コンサルタントの定義って?

「コンサルタントとは」でGoogleに聞いてみました。いろいろなウェブサイトが出て来たのですが、これ!というものはないんだなというのがわたしの印象です。

とりあえずの答えとしてWikipediaを例にあげます。

コンサルタントとは、コンサルティングを行うことを業としている個人もしくは法人のこと。
コンサルタントは一般に、顧客が抱える何かしらの課題を解決する方策を提供している。

引用元:Wikipedia

わたしが思うコンサルタントの仕事は、クライアントの問題を解決することと、クライアントと一緒に成果を上げること。いわば「パートナー」という立場がしっくりきます。

コンサルティングにはマンツーマンとグループがあり、それぞれメリットがあります。どちらを選ぶにしても、コンサルタントと契約するときに気をつけたいことはたくさんあります。

コンサルタントを決める際に気をつけるポイント

契約はよく考えて
「今日中に返事をしてください」「他に検討中の人がいるので今ここで決めた方がいい」などと、返事を急かすコンサルタントは注意が必要です。中には「家族に相談するな」という明らかに怪しいケースもありますので気をつけてください。

契約する前に不明な点を無くす
Webサイトなどでコンサルティング内容を事前に確認しましょう。コンサルティング料金は決して安くはなく、依頼する側は先行投資です。情報の記載ががない場合や不明な点は事前に質問をしましょう。
問合せを嫌がるコンサルタントはいないと思いますが、もしそんなニュアンスを感じたら後々トラブルになりやすいので注意です。

コンサルティング料金を事前に知る
Webサイトにコンサルティング料金が掲載されていない場合で、知りたい場合は事前に問合せましょう。契約までの流れとして、『フロントセミナー→無料面談→コンサル契約』というパターン、または、『問い合わせ→無料面談→コンサル契約』というのが多いです。

キャンセル方法を確認する
キャンセルポリシーの確認は必須です。契約を途中で解除できるかや、解除する際の方法、前払いの場合はキャンセル料の発生や返金可能かなどは、必ず確認しましょう。確認できる書類があればいただいておきましょう。(ちなみに私は書面でお互いに確認します)

グループ参加型の場合
グループコンサルティングの場合、コンサルタントがグループ全員に同じ方法を提案する場合は、自分に成果が出る場合と出ない場合があるということを予測しましょう。事業内容が違うのに、同じ方法では成果が出ない場合もあれば、個人差があるかもしれないということですね。
グループで学ぶ以外に、マンツーマンで対応してくれるかどうかも事前に確認したい大事なポイントです。

どんなコンサルタントを選べば良いか?

これは「相性」につきます。いくら立派な経歴や実績があっても、一緒に話していて疲れるとか、上から目線で対応されるなど、マイナスの印象を感じてしまうと余計な気を使うので仕事のパフォーマンスが下がります。

信頼関係を築けず、コミュニケーションも円滑に行えませんので成果は出にくいし、出たとしても精神的にしんどいので継続が難しくなります。なにより、楽しく仕事ができません。

自分のビジネスのことを、自分と同じくらい理解してくれるコンサルタントが理想です。わたしの場合、ご依頼の方のビジネスが社会的に問題がありそうだったり、商品やサービスに不安を感じるものはお引き受けしないと決めています。

ひとり一人に向き合い、お客様のその先のお客様のことを考えて提案することがコンサルティングであり、コンサルタントの仕事です。

まずは、相性が合うかどうか一度会って話しをすることと、今はFacebookなどのSNSを利用しているコンサルタントは多いので、日々の投稿やブログなどでその人となりを観察してみましょう。