メルマガ配信を継続するために決めておきたい2つのこと

 

お役立ちサロンでは、メール講座に登録してくださったかたに、週に1回メルマガを配信しています。先日からメルマガの配信時間を土曜の朝7時に変更しました。

メルマガの開封率が高いのは火曜日で逆に低いのは土曜日というのを以前、どこかのブログに記載されていた統計結果で知ったのですが、開封率が低い土曜日にわざわざ配信するって(汗

でも統計は統計です。その統計が、どういうお客様層にどのような内容のメルマガを送るのかという内容が明確ではなかったので、自分のビジネスだったら?に必ず置き換えて考えなければならないのです。

 

そこで今回は、メルマガを配信するときに予め決めておきたいことをご紹介します。

 

①メルマガの配信時間

 

メルマガを配信するにあたり、まず、配信時間を決めましょう。

そのためには、まず読者の背景や環境を考えます。会社員、専業主婦、子どもの年齢、ライフスタイルなどなど。何時にメールをチェックしそうか、スマホを見ているか、などを考慮してみます。

受け取る側(読者)は、いつも決まった時間に来ると分かっているのでメールの管理もしやすいし、「いつものメールね」と覚えてもらい易くなりますよね。

 

メール配信システムには「予約配信機能」があるので、予め決めた時間を設定すれば、パソコンの前にいなくても大丈夫です。

 

②メルマガの配信頻度

 

メルマガを配信するためには、自分のペースやタイミングも大切です。

かといっていつ配信されるのかわからない、「こんなの登録したっけ?」と思われるような配信頻度だと、読者とコミュニケーションもできませんし、信頼感も薄れてしまいます。

メルマガは、定期的に配信すること。そのためには、やはり読者の環境はもちろん、配信内容も考慮します。

毎日、週1回、月1回、配信頻度はいろいろです。大切なのは、自分のペースよりも読者に合った頻度を考えること。そして、自分が無理なく続けられそうかを考えます。

 

決まった配信時間と同じように、定期的に送られて来ることで、読者に「いつものメール」と認知してもらえます。配信側の気分や都合で出したり出さなかったりが一番信用されないのです。

 

******

 

配信時間と配信頻度、この2つを予め決めておけば、定期的に送ることができます。

この2つを決める際に考える「読者(お客様)」のこと。じつはココが一番重要なポイントです。

お客様は何を知りたいのか?どんな情報だったら読んで良かった!と思ってくれるのか?

そういう内容を考え、配信することが一番大切。言うまでもなく、告知ばかりでつまらない内容はNGですので気をつけましょう。

 

メルマガに関する記事はコチラに集まってます

▶ https://salonese-kigyo.com/?cat=12

 

 

[adrotate group=”3″]

 

 

ブログ著者

もち月りえ
もち月りえウェブプロデューサー、ディレクター
東京生まれ下町育ちの50代
共働き→15年間の専業主婦生活→45歳でフリーランサー。今は会社員。
主婦時代、ネットオークションに出品したことがきっかけでマーケティングに興味を持つ。「なぜ売れるのか」「なぜ買うのか」購買心理を考えるのが好き。趣味:テニス、SNSで情報収集。