女性の新しい生き方「サロネーゼ」とは?

日経トレンディのこの記事がとても興味深かったのでシェアします。

日経トレンディ「4万人の女性を動かす!? 「サロネーゼ」に企業が注目する理由」

企業がサロネーゼに注目しているということです。そこには、企業が”マーケティング”の視点で見たときの、はっきりとした理由があるようです。

サロネーゼが企業に注目される理由は3つ

1.独自のコンテンツ(内容)を持っている

プロ顔負けの知識と技術を持っていて、プロにはない一般消費者の視点を持っているのがサロネーゼの特徴。
独創的な提案もできる。
素人の主婦ブロガーとの違いもそこにある。

 

2.強力なマーケットリーダーである

プロ並みの知識と一般消費者としての目線で信頼度が高い。FacebookなどのSNSやクチコミで根強いファンを持っていて、その強い発信力で影響力も大きい。

 

3.リアルなマーケティングができる

タレントによる発信は総じて一方通行。しかし、サロネーゼの発信や紹介はリアルコミュニケーションなので、 双方向の情報交換が可能。

 

企業が高いギャラを払って、イメージキャラクターのタレントを器用しても、消費者はもう騙されないのではないかと思います。

本当にその商品を良いと思っているのかしら?

仕事だから宣伝しているだけでしょ。

なーんて思われるだけかも。

逆に、サロネーゼとして成功するためには、上の3つの条件が揃っているということにもなります。

サロネーゼになろうとしたのではない

さて、もうひとつ特筆したいことがあります。

この記事に紹介されているサロネーゼの方々は、はじめから「サロネーゼ」という職業になろうとしていたでしょうか?

こたえはNOだと思います。

専業主婦から、または仕事をやめて主婦になった人、趣味が高じて仕事になった人などがサロネーゼと言われています。そして、自宅で教室を開いている人が多いです。

サロネーゼを職業として選んだわけではなく、自分らしいい生き方として、サロネーゼというスタイルになったのでしょう。

 

この日経トレンディの記事は、サロネーゼになる女性たちの心理を、以下のように説明しています。

・女性は結婚・出産を機にワークライフバランスを考え、特に出産後は外で働くのが難しくなる。

・自宅で空いている時間にできるサロンなら、費用もかからず、自分のペースで働くことができる。

・結婚して苗字が変わり、子供が生まれて“○○ママ“と子呼ばれ、自分の名前がどこかにいってしまう寂しさも味わう。

 

『●●先生』と自分の名前で呼ばれるサロネーゼに憧れる人がいるのもうなずけます。

でも、先生と呼ばれるには生徒を集めなければならないし、ビジネスの意識は不可欠です。

「独自のオリジナルのサービスを持っていて、かつ強力な影響力を持ち、リアルなコミュニケーションができないとサロネーゼとしての成功はない。」と思った方がいいかもしれないなと思いました。