個人でもキュレーションサイトに負けないウェブサイトは作れる?

今週は、内容に問題があると話題になった医療系の情報サイトがネット上で炎上しました。
DeNAが運営するウェルク(Welq)というキュレーションサイトです。

ネットのニュースやFacebookで見かけた方も多いのでは?

キュレーションサイトとは、インターネット等から情報を集めてまとめたサイト。
今回は、人の命に関わる医療の情報の信頼性が問われた形でした。

参考記事:信頼性なき医療メディア「WELQ」に揺れるDeNA、MERYを除く全キュレーションメディアを非公開に

非常にザックリですが、ニュースサイトを見ると以下のことが問題のようでした。

・誤った内容の記事が掲載されている。
・ライターに他サイトのコンテンツをリライトさせた。
・上記のような問題のあるコンテンツで検索上位を取っている

 

まあ、でも、こういうサイトは多いですよねえ・・・検索すると、だいたい上位はキュレーションサイトです。

アクセスを集めるためにライターを抱えてめちゃめっちゃ記事を量産(1日100記事とか!!)しています。検索上位のためにいろいろな仕掛けを使っているようです。

 

だから、わたしたち個人事業主には到底記事数や検索順位ではかなわない・・・とても脅威であることは事実です。

でも、あきらめることはありません!

キュレーションサイトは、わたしたちが自分の知識や情報を発信していく個人サイトとは全く目的が違うものだからです。

多くのキュレーションサイトは広告収入目的のもの。わたしたちが発信する独自のウェブサイトは、自分のブランディングとサービスの販売が目的です。

しかも、わたしたちのような小さなビジネスのサービスは、市場に数多く出回っていないオリジナル。だから、大手と競合しません。

自分の、限られた理想のお客様にだけ!に情報を伝えれば良いんです。

だから、広告収入が目的のキュレーションサイトように、大量のアクセスも大量の記事の量産も、まったく必要ありませんよ!

その代わり、自分の理想のお客様にだけに伝える情報を、自分の言葉で書くことが大切です。自分の言葉で書くことが、ブランディングとなります。

そして、その情報から販売につながる動線を、必ず用意しておくことですね^^

『え?動線?』と不安になった方は、集客相談でお会いしましょう♪

 

ブログ著者

もち月りえ
もち月りえウェブプロデューサー、ディレクター
東京生まれ下町育ちの50代
共働き→15年間の専業主婦生活→45歳でフリーランサー。今は会社員。
主婦時代、ネットオークションに出品したことがきっかけでマーケティングに興味を持つ。「なぜ売れるのか」「なぜ買うのか」購買心理を考えるのが好き。趣味:テニス、SNSで情報収集。