初心者が集客のためにワードプレスを使うならテーマはコレが良い!

この記事は「WordPress Theme Lightning & BizVektor 他 Advent Calendar 2016」の12月23日の投稿です。

クリスマスのアドベントカレンダーってありますよね?それのブログ版に参加していまーす。

ワードプレス初心者におすすめのテーマLightning

このブログは、WordPress(ワードプレス)のLightning(ライトニング)というテーマを当てています。わたしのクライアント様のウェブサイトも、一部を除いてこのテーマをカスタマイズしています。

まあ、制作&デザインを担当してくれている佐々木さんが、このテーマを愛しているのでそうなるんですが(笑)、そうじゃなくても、Vektor,Inc.さんのテーマはワードプレス超初心者だったわたしも、安心して使ってたのでおすすめです。

ほとんどのクライアント様はワードプレスを使うのが初めてですが、特に問題なくブログを更新されていますし、集客に繋がる機能も使いこなしているんです。

実は、このLightning(ライトニング)というテーマは、集客のための機能や仕組みが初心者でも簡単に使えるんです。

おしゃれなデザインよりも優先するべきこと

わたしの周りでは、初心者でもワードプレスをダウンロードしてチャレンジする方が増えています。

テーマもおしゃれなのが多数あり、しかも無料で提供されています。自分の好みを探しておしゃれなウェブサイトを作れますもんね。

ウェブサイトは自分のお店のようなもの。自分好みに見せたい!という気持ち、よ〜くわかります。でも、苦労して自分好みになっても集客の効果は?となると・・・初心者がおしゃれなデザインにこだわると集客につながらないものになってしまいがち、というのは否めません。

せっかくのウェブ上のお店です。集客に繋げるにはおしゃれなデザインにしたい気持ちをちょっと横に置いてほしいんです。

まず第一に考えることは、『人が集まりやすい機能やしくみ』があるかどうか、なんですよ!

ひとつひとつのブログ記事に仕事をさせる

このLightningというワードプレスのテーマをおすすめする理由は、『人が集まりやすい機能やしくみ』があるからなのです。

小さな事業がブログを始めるとなるとアメブロを使う方が多いと思いますが、基本的な使い方はどのブログシステムでもあまり違いはありません。

リンクを貼ったり、見出しをつけたりなど、初心者がブログを書くときに使う機能はほぼ同じですし、下記の画像が編集画面ですが、最初は味気ない画面に戸惑うかもしれないけれど、慣れれば問題なし。

 

初心者がワードプレスでブログを書く

 

でもこれは、Lightningならではの機能ではなく他のテーマでもワードプレスなら同じです。

Lightningは、「VK ExUnit」というプラグインを使うとよりその性能を発揮します。中でも『CTA』という機能を使わない手はありません。コールトゥアクションと言いますが、これはブログを読んだ人に”次にとってもらいたい行動を促すこと”です。

例えばこんなものとか。

これはメルマガのご案内(現在は発行していません)。他には集客相談(単発コンサル)のご案内や、お客さまの声のページへの案内などを用意しています。予め自分で設定しておけば、記事の内容によって簡単に切替できるんですよ。

もちろん、出さない選択もできます。計画的にプロモーションをしたい場合に便利です。

毎回いろんなメニューをその都度コピペしてるブログもあるけど、たくさんのメニューを一度に案内しても何を選んだら良いかわからないですよね。

ブログの内容にふさわしいメニューやサービスを案内したり、その時にアピールしたいことがあればそれを集中して使うなど、臨機応変に集客することが大事なのです。

親切なテーマで人にやさしいウェブサイトを運営しましょう

小さな事業をしている人がウェブサイトを作るということは、集客のためと断言しても過言ではないでしょう。

集客は、人と人とのつながりです。つながりを作りたいのに、自分の言いたいことだけを発信してもだれも繋がってくれません(T-T) 興味を持ってくれた方に気軽につながってもらえる機能や仕組みはとても大事なのです。

これは、売り込みではなく相手に選択してもらうためのものです。スルーでも全然構わないのです。でも、きっかけが何もなければ永遠になにも起こりません。

ブログを書き続けることも大切ですが、「その次のアクション」をこちらから提案することも大切なのです。

明日の12月24日は、制作&デザインを担当してくれている(株)アドプラスの佐々木亜紀さんが『集客のためのサイト運営に注力できるテーマ「Lightning」というブログを書きますよ!