Yahoo!ロッジは素晴らしかったけど無料だからこそコワーキングスペースの秩序って大事と思う。

昨年11月にオープンしたYahoo!ロッジへ初めて行ってみました。

なにそれ?という方はこちら→https://lodge.yahoo.co.jp/

早い話し、Yahoo!が作った起業家向けのコワーキングスペースです。場所は東京ガーデンテラス紀尾井町。元赤坂プリンスホテルがあった場所、と言えばわかるかな?

知らなかったけど、昨年2016年10月にミッドタウンタワーから紀尾井町のこちらに本社移転したんですね。

Yahoo!ロッジのホームページをご覧いただくと分かると思いますが、抜群のロケーションとメチャ広いスペースにカフェや食事ができるサービスがあり、フリーWi-Fiと電源が揃っているので、ホント一日中快適に仕事できそうですね。

上の写真は量り売りランチボックス。(オリジン弁当的に自分で盛る)これで860円ほど。カフェメニューもロングサイズのカプチーノが250円。スタバと同じ程度のクオリティ。もちろん飲食持ち込み可。

 

広〜いフリースペースの他に、少人数の打合せなんかに使えるちょっとした個室っぽいスペースも1時間単位でその日に予約ができるとのこと。

この立地、空間、設備、居心地のスペースが1日無料(今現在)で利用できるってすごいです。

ググればYahoo!ロッジ素晴らしい!ということをブログに書いている人がたくさんいるので、わたしは少し違う目線で書きまする。

 

ええと、こんな感じで広く解放しているので、当然いろんな人がいるわけです。

例えば、ちょっとした個室っぽいスペース。ちょうど4、5人のグループが使用中だったんだけど、予約ボードを見たら丸一日同じ人物が予約してました。

アテンドしてくれたヤフーの社員さんに『早い者勝ちなんですか?』と思わず聞いちゃいました。

それと、可動式のホワイトボードも自由に使えるんだけど、使ってないホワイトボードをパーティションみたいに使って個室っぽくしてたグループも。何でもアリな状態笑

少々秩序のない人がたまたまその日に集まってたのでしょうね。無料で解放するからこうなるのかな。でも有料の場所でも困った人はいますけどね。まだオープンしたばかりなので今後は良くなっていくのでしょうね!

 

そもそも、Yahoo!がなぜ無料で開放するのか?コンセプトのページにはこんなメッセージがあります。

オープンなコラボレーションを生むため、利用者同士を結び付けるコミュニケーター制度を導入。情報交換や新たな協業を生み出していける仕組みを作りました。
Yahoo! JAPANとの事業に親和性を感じる方、地方創生を目指す方、スタートアップ企業の方、何か面白いことがしたい方、・・・
ここはそんなあなたに来てほしい場所です。

この中にある『Yahoo!JAPANとの事業に親和性を感じる方』。この部分はYahoo!にとって外せないポイントなんだろうなあと思ったわたしです。

無料で開催できるイベントについての説明も受けたのですが、『オープンコラボレーションスペースLODGEイベント』というネーミングであることから、Yahoo!とのコラボレーションが前提。

ということは、やはりこのスペースを解放した先にYahoo!が期待することはと考えると、企業なんですから何かしらのビジネスアウトプットを想定しているのかなと勝手に想像。

実際のイベント申込み事例で、通ったものと通らなかったものについて説明してもらいましたので、今後どう利用したらいいかよくわかりました。

これからいろいろと整備されてくるのだと思います。有料になるのかなあ。やっぱり無料で使いたいな笑。いずれにしても、起業家にとってもYahoo!にとってもメリットのある場所にしてほしいですねー。

 

Yahoo!ロッジ見学のまとめ

コワーキングスペースは数々ありますが、個々で仕事をしているまるで『ネットカフェ』状態のところが多いですよね。現状はちっとも『コワーキング』じゃないし、恊創も協業も生まれにくい。

だから、Yahoo!ロッジのコンセプトにある『利用者同士を結びつけるコミュニケーター制度』で協業を生み出すというのは、一人起業家や経営者にとってはとても興味深い仕組みです。

これについての説明は聞けなかったので、また今度行ってみようと思いますが、秩序を守れる人と協業したいものですね。

そして、わたし自身が「協業したい」と思われるような人でありビジネスであることだなあと思いましたー!