ウェブが苦手な人こそ知っておきたい無料SNSのリスクと危機管理の意識

先日Facebookでシェアした記事、

要注意!Facebook乗っ取り「恐怖の手口」その時、どのように対応するべきか
(東洋経済オンライン)

ちょっと長い記事ですが、ぜひご一読を。

 

Facebook乗っ取りもまだまだ見受けられます。今年になって友だちが一人、乗っ取られてしまいました。

この記事がFacebookで紹介されたとき『正しく怖がる』とありましたが、まさにそうだなって思います。事前情報があるのとないのとは対応に違いが出るから。

検索してみるとFacebookのほかにも、Twitter、LINE、インスタ、アメブロなど、アカウント乗っ取りの事例は結構あります。

流行のSNSは悪者にとってみれば獲物がたくさんいるのと同じ。必ず悪い奴らが狙ってきます。

 

もし、乗っ取られても、パスワード変更して取り戻すことはできます。でも、IDが同じだとまた乗っ取られる可能性もあるみたい・・

新しいIDで始めからスタートするとなると、SNSに頼った集客をしている人はダメージ大きいですよね。もーどうしたらいいの!!って感じです。

大切なのは事前に対策を講じておくこと。例えば上で紹介した記事にもありますが、2段階承認があるものは必ず設定する、パスワードは同じものを使わないなど。とはいえ、絶対に安全というのは世の中には存在しません。

重要なことは、

◎無料ツールのみ、という状況は避ける
◎ダメージを最小限に抑えられるツールを使う
◎1つのツールに頼らない

という意識を持つことです。

 

実は、わたしがおすすめしているワードプレスにも乗っ取りはあります。でも、万が一の時はバックアップで復元可能です。もちろん、信頼できるサーバー会社と契約していることが前提ですが。

100%元通りというのは難しいかもしれませんが、打つ手がない無料のSNSに頼るよりも良いでしょう。

もう1つ、わたしが使っている無料ではないものに『メルマガ配信』があります。メルマガは契約している配信会社を介して送っているのです。プライバシーマークも取得している会社なので個人情報も守られています。

 

集客のメインが無料のものという場合や、無料のものしか使っていないという場合、そのサービスが使えなくなったときにどうしますか?どうやってビジネスしますか?

そういった危機管理も大事ですし、できるだけお客さまに迷惑を掛けないという配慮も必要です。

今、たいていのことはお金を掛けずに無料ツールで済ませられる時代です。でも、無料にはセキュリティやデータ管理などの面で限界があります。

 

事業内容や規模によって違うとは思いますが、どんなに小さなビジネスであっても『無料ツールだけで良い』とはわたしは決して思いません。

何でも有料にする必要はありませんが、無料サービスと有料サービスを上手に使い分けたウェブ活用をおすすめします。

では、自分はどんなツールを使うのがいいんだろう?今のままで大丈夫だろうか?
そんなご相談にもお応えします。

ウェブ&集客相談

ブログ著者

もち月りえ
もち月りえウェブコンサルタント
苦手な人や初心者のウェブがわからない!をサポートしている。クライアントに安心と信頼を感じてもらいつつ苦手なウェブを克服させ、集客につなげるのがミッション。