続けていれば本当にアクセス数は多くなる?ブログ継続は力なり

ブログを書いていれば、反応が知りたくなるものです。アクセス解析には無料で使えるGoogleアナリティクスが便利です。

ワードプレスの場合、使っているテーマによっては簡単に設置できるのでぜひ設置してくださいね!

さて、自分のサイトやお客さまのサイトのアクセス解析を見ていると、共通している現象があります。それは、ブログを続けているとアクセス数は増えていくという現象です。

 

ブログを書いてればアクセス数がアップする

「アクセス数」と言っても、Googleアナリティクスでは「セッション数」「ユーザー数」「ページビュー数」と3つのタイプの数値があります。

 

セッション数
ユーザーが期間内にアクセスした回数です。新規もリピートも数に含まれます。

ページビュー数
閲覧されたページの合計数です。同じページが表示された場合も数に含まれます。

ユーザー数
期間内にセッションしたユーザー数。新規とリピーターの両方を含みますが、同一人物の場合は1回とみなされます。

 

この3つの数字を実際に見ながら、本当にブログを書き続けれいればアクセスがアップするのか確認してみます。

お役立ちサロンのサイトのアクセス。まずは前年比。
2016年と2017年の、1月から2月の約1ヶ月間の数字を比較したものです。

 

セッション数:2940→5401

ユーザー:2568→4884

ページビュー:7914→14178

最近ブログをサボりがちのため少々減って来てはいるものの(コラコラ)、昨年と比べると約2倍に増えていることがわかりますね。

 

では、もう少し遡って、ブログを初めて半年ほどしか経っていない2015年と2016年の比較もついでに見てみましょう。

このブログを本格的に始めたのが2014年の夏頃。ブログをがんばってはいたものの、2015年の1月はまだ記事数も少なくアクセスも少ないですねー。

でも、1年後の2016年はには、セッションが3倍弱になってますね。ユーザーは3倍強。ページセッションは2倍強でしょうかね。ざっくりでスミマセン。

この頃から直帰率が一桁になってます。あ、直帰率というのは最初のページでさようならした率。この数値が少ないほど、ページビューも多くなります。つまり、1回の訪問で複数のページを見てくれている方が多いということです。ありがたいですね。

 

ついでなので、2015年と直近の2017年を比べてみちゃいましょうか。

これはこれはすごい差ですね(汗)

 

アクセス数が多ければいいのかな?

分かっている方もいると思いますが、このサイトのアクセス数は自慢するほど決して多くはありません。ここでは、継続しているとアクセスが上がるということを知ってほしいのです。

せっかくブログを書き始めたのに、更新をやめてしまったらアクセスは落ちます。ここでは紹介しませんが、わたしが放置している過去のブログはほとんどアクセスはありません。

アクセス数が多いウェブサイトの利点は、認知度が上がる、お問い合わせやメルマガ登録、お申込みなどの接触率が上がる可能性があります。そうです『率』があがる可能性があるということ。

アクセス数が多くても、お問い合わせや登録やお申込みといった本当にしてもらいたいことに繋がらなければ意味がありません。当然、売上げにもつながらないという結果に終わってしまいます。

数だけ集めてもだめなんです。

 

アクセス数より目的達成数を増やす

もちろん、アクセス数は少ないよりも多い方が良いのですが、数さえ多ければ良いということではないというのも、知っておきましょう。

そこで大切なのが、ウェブサイトを運営する目的は何か?ということです。ブログを継続して書くとアクセスが上がるということがわかっても、どこにその目的を置くのかということ。

目的はいろいろ考えられます。

・メルマガに登録してもらう
・お問い合わせしてもらう
・お店に来てもらう
・講座に参加してもらう
・サービスを受けてもらう

などなど、何らかのアクションをしてもらうということ。

たとえ少ないアクセスでも、目的が達成されているのであれば大丈夫。自分のサービスや商品に興味を持っている方がサイトにアクセスしているという証拠ですからね^^

わたしの場合は、メルマガ登録と集客相談に目的を絞っていて、それぞれ達成されています。

 

まあいろいろ書きましたが、結論は『ブログ継続は力なり』です。特にお店などの実店舗を持たない方は必須なのでがんばりましょう!

ワードプレスが使いこなせてない、どんなブログを書けばいいの?など、お悩みがありましたら単発コンサルへどうぞ(^_^)

ブログ著者

もち月りえ
もち月りえウェブコンサルタント
苦手な人や初心者の「ウェブがわからない!」をサポートしている。クライアントに安心と信頼を感じてもらいつつ苦手なウェブを克服してもらい、集客につなげるのがミッション。