SEOはお金を払って対策するものなの?人は自分の欲しい情報だけが欲しいもの

さて「検索結果1位」の価値が揺らいでいる今日この頃。それについてはこのブログ(検索結果1位を信じなくなったお客さまの心理)に書いています。

それでもやはり1位とは言わないまでも「1ページ目」に出てこないとちょっとがっかりもします(T . T)

そういう人間の弱みにつけこんでSEO業者の営業電話や問い合わせが後を絶たちません。

先日、こんな話を聞きました。
「SEO業者からサイト見たっていう営業電話が来るけど、検索で見つけてもらえてるから良かったです」と。

うーん・・・^^;良かったとは言えないような。

なぜかと言うと、わたしの憶測ですがこのような業者はウェブの知識がないと思われるサイト管理者をターゲットにしてるのでは?と思うからです。

ウェブやネットの仕組みに詳しくない人は、もっともらしいことを言われるとそれを信じて契約してしまうのではないかしら。

悪徳業者に騙されないで!

実際に、こんな話を聞いたことがあります。「SEOに強いホームページを作ります」という営業電話を受けて、5年ローンで100万円近い額の契約をしたという女性がいました。

更新は?と聞くと、自分でできないしそもそも更新はいらないと言われたとのこと。なんと!そんな楽して得するなんて話し、あるわけないです。

それに、5年後にはSEOがどうなっているかわからないし、その会社があるかどうかもわかりません。でも、5年のローンだけは残ります。本当に気の毒な話でした。

電話営業は、親身に話を聞いてくれてこちらの悩みを解決してくれるようなことを言うかもしれません。たとえ怪しそうだと思わなくても、一度の電話で返事をするのはやめましょう。え?なんかオレオレ詐欺対策みたい・・・

どんなサイトに営業してくるんだろう?

ところで、こういう営業をしてくる会社はどういうサイトを見て仕掛けてくるのでしょうかね?わたしは、あるキーワードで検索した時に、下位ページから見ているんじゃないかなーと考えます。

1ページ目にあるのは対策しなくても良いわけですよ。悪徳業者がウェブ初心者を対象にしていると仮定すれば、アクセス数が低いサイトに営業してるはずです。

お役立ちサロンも立ち上げ当初はSEO業者からの営業電話は掛かってきてました。問い合わせからの営業もありました。ところが、アクセス数が1日200、300前後になってきた頃から、営業はパタリとなくなりました。

これくらいのアクセスになると、記事によっては1ページ目に上がってきたりしますから、営業の対象にならなくなるのかも。

1位じゃなくてもクリックされる

よく考えてみればお金を払って検索順位を上げてくれるなら、たくさんお金を払ったサイトが1位になるってことになってしまいます。

それだと、検索しているユーザーが満足する情報は得られません。第一、そんなことGoogle先生が許すわけありませんね(^^;;

検索する人は自分の欲しい情報以外はいらないのです。誰かが売りたいものを無理やり見せられるのは嫌ですよね?(Facebookは無理やり見せられる時があるので困ったものですが)

その証拠になるかわかりませんが、1位ではなくてもちゃんとクリックされているっていうことが、アクセス解析を見てわかりました。

お役立ちサロンで、過去1ヶ月で一番クリックされている記事の平均掲載順位は9.8位でした。1ページ目にいるかいないかっていう順位です。この記事のクリック数は385回。

9.8位の記事でも385回のアクセスがあったということ。ちなみにこの記事(Facebookページは「いいね!」をリクエストしないほうが良いワケ)

お客様は欲しい情報だけ欲しい

欲しい情報は自分で選びたいし、自分の欲しい情報だけが欲しい、ですよね?ということは、自分のお客様もそうなのです。

その視点を持っていれば、自分が伝えたいことよりも先に、「お客様は何が知りたいのか?」という、とても重要な視点を持つことができます。

ウェブ集客は自分が主役ではありません。いつでもお客様が主役。

お客様が欲しい情報は何だろう?この視点は絶対に忘れないようにしたいものです。

ブログ著者

もち月りえ
もち月りえ初心者専門ウェブコンサルタント
東京生まれ下町育ち。
キャリアのない専業主婦からフリーランサーに。主婦の時に楽天フリマで出品しながらマーケティングを独学。「なぜ売れるのか」「なぜ行列なのか」「なぜ買うのか」など女性の購買心理を考えるのが好き。趣味:テニス、SNSで情報収集。

初心者のための集客できるホームページの教科書

教室やサロンなどの個人事業や小規模事業の方へ、集客できるホームページにするための6日間無料メール講座です。