小さな事業がウェブ集客のためにホームページを作りたい!時に知っておくこと

ウェブ集客は、ホームページ、ブログ、SNSなどを活用してウェブ上に人を集めることです。

じゃあ、まずはホームページ制作よね!となるわけですが、その前にホームページを作る目的は何か?ということを考えないといけません。「え?目的は集客でしょ?」と思うかもしれないけれど、小さな事業をしている私たちは、そう簡単にはウェブで集客できるわけではないのです。

ホームページの目的を考える

ビジネスにホームページはつきものですが、私はホームページの役割を大きく二つに分類しています。そして、これら二つのホームページは目的が違います。

① 会社概要や事業内容、代表者プロフィールなど、頻繁に更新されない情報のみが掲載されたもの。
目的は、営業先やイベントなどで自分のことを知ってもらうための名刺やカタログ代わりにすること。

② ①の情報に加えてブログなどの閲覧者にとって有益なコンテンツがあり、断続的に発信されているもの。
目的は、インターネットを利用した集客のために活用すること。つまりウェブ集客。

では、ウェブ集客が目的のホームページについて、もう少し掘り下げていきましょう。

ホームページの役割とは何か

ホームページの役割とは、ホームページの仕事です。これがウェブ集客のための具体的な施策に繋がっていきます。そして、ホームページを作る上で重要なポイントでもあるのです。

ウェブ集客が目的のホームページには、サイトにアクセスしてもらいお問い合わせ、またはメルマガ登録などをしてもらうことがホームページの仕事となります。

大事なのは、一度も会ったことがない方と何らかのつながりを持つことも視野に入れることです。そのためにはブログの存在が重要になります。

SNSや検索から自分のブログを読んでもらい、興味を持ってもらうことでメルマガやLINE@、講座やイベントの申し込みにつながりやすくなります。

 

お客様はどんな経緯で自分を知るのかを想像し、紙などに落としていくと頭の中が整理されますよ。

ウェブ集客に必要なもの

ウェブ集客に必要なのは、ブログと申し込みフォーム。この二つと断言します。

ブログには、お客様が知りたいことや喜んでもらえることは何か?を考え、そのような内容を継続して発信していきます。はじめのうちはSNSを使ってブログの認知度を高めます。

集客のためにはブログの発信だけではなく、登録や申し込みができるページも必要です。そのページでダイレクトに申し込みが可能なフォームを設置します。

ここで、申し込みフォームがあるリンク先に飛ばすよりも、そのページを見て「申し込みしよう!」と思った訪問者を迷わせず手間を掛けさせない工夫が必要です。

ホームページを制作する前に

ホームページ制作を依頼する前にとても大事なことがあります。ウェブが苦手な人や起業したての人はこの大事なことができてない人が多いです。

それは、事業内容と事業コンセプトを1分で人に伝えられる状態かという事。
「え、当たり前じゃん」と思ったなら大丈夫。
「え・・・(絶句)」なら、ホームページ制作にお金と時間を使うのはまだ早いです。

それから、自分が考えている事業内容によっては、すでに同じようなことを先にやっていて、集客もできている強力なライバルがいる場合もあります。そうなるとウェブ集客の難易度が高いです。

ライバルがいる場合は、自分の持っている人脈が使えるか、同じ事業内容でニッチ市場で狙えるところがあるか、差別化が可能かなどをよく考える必要があります。

ホームページ制作する前には、事業内容、事業コンセプトを1分で人に伝えられるほど明確になっているか、狙うターゲットに強力なライバルがいるかを調査したか、確認してくださいね。

事業コンセプトをしっかりとブラッシュアップして、ライバルに負けないホームページに育てましょう!