この先ホームページは自分で作って自分で運営する時代になる

起業という選択肢が一般的になりつつある昨今、ホームページを作りたいという人は増えています。

昔々に作ってもらったhtmlの古い形はもうやめて作り直したいと思っている中小、零細企業の経営者も多いとウェブ制作関係からよく耳にします。

一昔前は、制作会社に依頼するか、ホームページビルダーを使って独学しながら挑戦するかのどちらかだでした。でも今は、ビルダーを使うなんて人はほとんど見かけません。

制作会社に依頼するという概念も必要もなくなる時代がすぐ来るかもしれないなと思うのです。

ホームページ制作に対する価値観の変化

私は近い将来、制作会社に依頼せずに「自分で作る」のが当たり前になるのではと思っています。

専門家に依頼すれば数十万円は掛かるホームページ制作は、ほぼ100%人件費であると言っても過言ではありません。Jimdoなどが無料や安価なのは、定型化されたものを使う上、「自分で作る」からなのです。

私がおすすめしているWordPress(ワードプレス)は、自分で作ろうと思えば作れるものです。ただ、専門知識は多少は必要だから、それをサポートしてくれる人を見つける必要がありますが。

でも巷では最近、ワードプレス講座なるものが多くなってきました。それは、人々の意識が変わってきた証拠でもあると思っていて、自分に合う講座を見つけて箱を用意することは比較的容易にできる時代になったとも言えるのです。

小規模事業主や個人事業主にとって、コストの問題は外せません。特に小さく始める場合は最初から多くの予算をホームページ制作につぎ込むのは難しいですよね。

起業セミナーなどでそういうことも教えてあげればいいのにと思います。

自分で管理運営できないと商機を逃す

制作会社に作ってもらうと、サイトを自分で更新できないという問題があることがあります。管理者権限を渡されてないケースですね。そういうケースも見られます。

自分で更新できないというのは、商機を逃すかもしれないとても致命的なことだと思っています。なぜかというとインターネット上の情報は最新であることに価値があるからです。

検索で見つけたサイトの更新が半年以上空いていたらどう思いますか?「やめちゃったのかな」と思いませんか?最新の情報が掲載されてなければ、よほどの魅力的なコンテンツでない限り、そのページから離れるのではないでしょうか?

自分で作業ができないとなると、タイムリーに情報を更新できないだけでなく、更新してもらうのに料金が発生します。今すぐ変更しなければならない内容だったらどうしますか?自分で作業ができればランニングコストは抑えられるし、お客様には常に最新の情報を与えることができるのです。

自分で作るとウェブ集客を理解できる

自分でホームページを作るという体験をすると、ウェブ集客の仕組みが少しわかるようになります。

なぜこのページが必要なのか、そこにどんな内容を載せておくべきか、それだけでも考える価値はあります。もっと理解が進めば、閲覧者は何を見たいか、その次にどこを見るか、最終的にはどうしてもらいたいかまで考えることができます。

それこそがウェブ集客のために大切なことなのです。

自分の大切なお客様になろうとしている人のことを考えられるようになれば、ホームページを制作会社に丸投げすることが如何に無意味であるかがわかるはずです。

そして、自分が見せたいだけの自己満足のホームページも意味がないことも理解できれば、私のようなコンサルタントも必要ないのです。

ウェブを活用して集客までのルートを理解し、どこにどんなコンテンツが必要かを自分で理解し用意できるなら、それが一番良い方法で費用も掛かりません。いずれこういうことも自動的にできるようになるのでしょうか。

もうすでに、ウェブ集客の観点で作られたテーマ(ワードプレスのテンプレート)も無料有料問わず用意されていますし、見込み客のことを考えて作られたコンテンツ(中身)さえ自分で用意できれば、ホームページは自分で作り、運営していくことができるのです。