事業内容を180度変更。私がカラーセラピストからウェブコンサルになったわけ

アラフィフコンサル3名で順番に更新している「東京ピリカランド交換日記」を更新しました

お肌と違って現状維持は後退である

自分でなんでもやってみるってとても大事だと思うんですよ。

私起業したての頃は、なんでも自分でやらなきゃって思ってました。その理由は「お金がないから」だったんですね。

でも、それだといつまで経っても進歩しないことがわかった。進歩しないどころか出遅れ感というか取り残され感というか。

そこで。ウェブ集客、ウェブ戦略の本質を学ぶためにあるコンサルタントの元で学びました。その時にワードプレスの使い方を覚えたわけです。

コンサルタントがクライアントに会う時に一緒について行って、側で提案を聞いて、クライアントの作業を手伝って、という感じ。本質はわかったけど自分の事業に落とし込むまではしてくれないから、半分以上は独学でした。

*今、そのコンサルタントは怪しくなってしまったので名前は伏せておきます。あ〜残念。

 

それを一生懸命やってるうちに、本業がおろそかになって行くんですけど、今思うと当たり前よね(苦笑)そればっかりやってるんだもの。

その頃私の事業内容は「カラーセラピー」だったんですよ。オーラソーマとセンセーションっていうシステムの2種類。自分の自己啓発的に始めたんだけど、面白いなあと思ってエイヤーで起業してみたと。

結果的には多少の集客はできたものの、昔やってたネットオークションを真面目にやったほうがお小遣い稼ぎできるんじゃないかと思うくらいでしたね(笑)

それと、セラピスト養成講座を事業の柱にしてたんだけど、途中で「自分みたいに集客できない人増やしてどうする?」という矛盾に突き当たった。周りのセラピストも稼いでいる人いなかったし。

その頃カラーセラピーの業界では、短期間で安価に資格が取れるシステムがブイブイ流行っていました。(今はあまり聞かなくなったなあ、、)

それに、ほとんどのカラーセラピーは協会やアカデミーは儲かるけど、会員は儲からないっていう仕組みが透けて見えてきたんですね。

「それってビジネス?」ということにも気づいたので、カラーセラピーは自分で楽しむだけで良いと割り切りました。

とはいえ、廃業するという選択肢は私の中にはない。ということで、自分のために学んだウェブ集客の本質と子育て時代のネットオークションで身についたマーケティングの視点で、ウェブや集客に悩む人にアドバイスする事業にしようと事業内容を変えたわけです。

セラピスト時代に学んだ傾聴やその言葉の奥に何があるか?という視点は、実はコンサルのヒアリングにはすごく役に立ってるので無駄ではなかったし、私としてはツールが違うだけで同じことしてる感覚。

しかし!遠回りをし過ぎました。

いくら無駄ではなかったとはいえ、それは遠回りの理由づけであって正当化しているだけです。はっきり言うけど。

これから起業しようとしていたり、起業したばかりの人は、この遠回りの道をわざわざ選ぶ必要なんてないです。

noteにも書いたけど、自分が本当にやり遂げたい、これでビジネスしたい!というコンテンツがあるならば、自分ができることとできないことを明確化してみることをおすすめします!

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018

ブログ著者

もち月りえ
もち月りえフリーランスのウェブコンサルタント、ディレクター
苦手な人や初心者のウェブがわからない!をサポートしている。クライアントに安心と信頼を感じてもらいつつ苦手なウェブを克服させ、集客につなげるのがミッション。最近はリトルヘルプ主催の「IT自習室」に出没中。

ウェブが苦手な人の集客相談

ウェブが苦手な方や集客の悩みをお持ちの方に、アクセスアップや集客につながる具体的な改善点をお伝えします。