ブログやプレゼンに使えるグラフィックレコーディングは言葉や文字では伝えきれないことを表現するツール

念願の「グラフィックレコーディング」を学んできました。

*これは、講師の日高先生のグラレコ。ドラマのワンシーン5分を聞きながら描いたものです。最初の白紙状態からここまでのフローがすごかった!

グラフィックレコーディング(略してグラレコ)は、ミーティングや打ち合わせ、プレゼンなどの流れや内容をグラフィック(絵)で視覚化することで、参加者や第三者が共有できる手法です。

私が参加したワークショップは「地獄のお絵描き道場」←ネーミングうまい!詳しくは、主催団体「えがこう」でどうぞ。

伝えたことがなかなか伝わらないことがよくあるよね

例えば、ブログを書いていて画像が欲しい時、大抵は無料画像を探すんだけどなかなかイメージに合うものが見つからない・・・自分で撮るといってもなあ、ということありませんか?

それに、打ち合わせしていてノートは取るけど、後で見返してもよくわからないとか、相手と共有しているつもりがズレがあるとか。

私はコンサルティングが仕事なので、クライアントさんの話を聞くことが多々あります。今までは文字に残していたんだけど、クライアントさんの「気持ち」やその先のお客様の「心理状態」をもっと共有したいし確認したいなあと思ってました。

感情や気持ちにダイレクトに届くのは絵かもしれない

グラレコは相手とのコミュニケーションも円滑になるし、何より自分自身が問題や課題、考えてることや気持ちを視覚化できるのでわかりやすいです。もちろん、業種によってはブログの挿絵にもなりますし。

とはいえ、いきなり絵を描けと言われてもハードル高すぎですが、「地獄のお絵描き道場」の名の通り、ワークショップではとにかく描く!描く!描く!です。

楽しすぎてあっという間で、はじめは全然描けなくて笑いました。どれくらい描けなかったかというと、こんな感じ。

ラジオの音声を聞いて内容を描くというワーク。お題は、「子どもを守る標語『いかのおすし』についての説明(1分間程度)を絵にする」というもの。何も教えてもらわない状態で、まずみんなやってみました。それにしても私のはひどいわ。絵とは言えないわ(;_;)

この後、絵を描くときのポイントなどを午前中みっちり教えてもらい、この程度に。

さらに、絵に奥行きをつける描き方などのレクチャーの後、ブラッシュアップしたのがこの絵。

最初がひどすぎたので、この程度でもすごい進歩だと自負しております笑。

絵は世界共通言語&最強のコミュニケーションツール

他にもたくさん描きました。

これは、最初のひど過ぎる絵の次に描いたもの。随分マシになってるのではないかと。

 

これは、2人が会話しているものを聞き取りながら描くワーク。電車の中で困った人についてというのがテーマでした。会話に手が追いつかない汗。

でも、これを見ながら説明されたらどうでしょう?絵があるのとないのとでは違いませんか?こんな絵でもね!

最後は、「プチプチ(エアパッキン)を使った高齢者向けサービスを考える」という難題をテーマに、一人一人最終プレゼンで締めくくりです。紙は3枚のみ。

私は、プチプチを使った脳トレと筋トレで高齢者同士が安全に競い合う場を作るというプラン「めざせピンコロ☆」を提案しました。即席のアイデアなので説明は割愛しますww「ピンコロ」はウケましたけど。

健全に競い合うなんてテニスが好きな私らしいアイデアだったと思います。(自分評)

ワークショップの内容もとても充実していて日高先生の出し惜しみないレクチャーが最高でした!サービス内容の提供についても勉強になりました。なんでも吸収、なんでも学び。

最後に、みんなの自己紹介をグラレコしている先生。と私の自己紹介の絵をご紹介。

もっと練習してブラッシュアップしたいです。集客相談やコンサルにも取り入れて、クライアントさんともっと情報共有して集客に繋げたいという野望も生まれました!

ブログ著者

もち月りえ
もち月りえフリーランスのウェブコンサルタント、ディレクター
苦手な人や初心者のウェブがわからない!をサポートしている。クライアントに安心と信頼を感じてもらいつつ苦手なウェブを克服させ、集客につなげるのがミッション。最近はリトルヘルプ主催の「IT自習室」に出没中。

ウェブが苦手な人の集客相談

ウェブが苦手な方や集客の悩みをお持ちの方に、アクセスアップや集客につながる具体的な改善点をお伝えします。