自分の考えをはっきりとしっかりと発信できる人だけが選ばれる

ウェブでもリアルでも、自分の発信はポジションを明確にするチャンスでもあります。

それは、外見だけではありません。

発信内容そのものが自分自身となります。つまり、ブランディングになると考えます。

自分はどのポジションにいたいか意識してますか?

例えば、インターネットでスマホを見ていて流れてきた気になるネットニュース。それに対して自分の考えをSNSで発信するということを、どれくらいの方がなさっているでしょうか。

自分のブログをシェアするのは誰でもやっています。自分の考えをストレートに投稿するのも良いでしょう。

でも、第三者が発信したことや社会的なニュースなどに自分がどんな考えを持っているかというのは、自分がどんな人間か知ってもらうためにとても手っ取り早い方法でもあるのです。

どんなニュースに反応しどんな考えを発信するのかは、自分の取りたいポジションをはっきりとイメージできていないとできません。さらにブランディングに繋げるとなればなおのこと、常に意識しておくべきことです。

意外と、それを意識している人が少ないと感じます。残念です。

他人の力を借りすぎると小物になる

よく、自分が大物といるところをアピールしたいがる人がいます。大物といることで自分も大物に見せたいのでしょうが、あまり度がすぎると逆効果では?私はそういう人は小物に見えますが(爆)

政治家と一緒のところを写真に収めて投稿したりタグ付けなどをしている人とか、私には全く意味がわかりません。

それと、業界の大物とされている人や、SNSで影響力のある人と一緒に写真を撮りたがる人もいただけませんね。そういう上っ面だけの人は見ててわかります。

そういう人は、繋がっている周りの人々もそれなりなことが多いですね。Facebookの共通の友達なんかをチェックすると「なるほどね」と納得する感じです。

今の自分よりチャレンジな環境に身を置かないと後退する

なんでもそうですが、現状のままでいいやというのは恐ろしく後退していることと認識しなければなりません。

今のペースで仕事したいからこれ以上努力しなくていいや、では、どんどん仕事は減ります。

美容に熱心な女性に置き換えるとわかりやすいのですが、10年後も今の肌のままでいたいから今の生活を10年続けようという美容オタクはいません。

10年後も今の肌でいるために、お手入れはもちろん生活習慣を変えたり食生活の改善をしたりするのです。

やはり自分を高めたいなら少しチャレンジかもしれないというレベルを目指さないと、いつまでも自分が目指すポジションには到達できません。

仕事というのは自分サイズではダメなのです。「うわ、こんな大きい仕事がきちゃったよ、大丈夫かな私」くらいがちょうど良いのではないでしょうか?

ブログ著者

もち月りえ
もち月りえウェブコンサルタント
苦手な人や初心者のウェブがわからない!をサポートしている。クライアントに安心と信頼を感じてもらいつつ苦手なウェブを克服させ、集客につなげるのがミッション。

ウェブが苦手な人の集客相談

ウェブが苦手な方や集客の悩みをお持ちの方のご相談を受けています。