つまらないブログと面白いブログの違い

過去の自分のブログを読んで、あまりのつまらなさに辟易したことあります。特にアメブロで書いてた時のブログは○ソですね。

アメブロのブログをワードプレスに以降した時に、ほとんど「使えねー」って思ったことと、あの絵文字の邪魔なことといったらなかったです。なんなのこの絵文字!と怒りすら感じました。

アメブロからワードプレスに移行したい人の悩みって「どんなブログを書いていけばいいの?」が多いんですよ。相談では必ずこの悩み出てくるんだけど、気持ちわかりすぎるほどわかるー。

私がつまらないブログから脱出するためにしたことは、他人のブログをたくさん読むことでした。何が面白くて何がつまらないのかを自分なりに研究してました。

もちろん、個人の好みに左右されるものなのであくまでも私の基準ですけどね。今、私がつまらない、面白いって感じるブログってどんなのかなあと考えてみましたよ。

つまらないブログ

つまらないブログの宝庫は「アメブロ」だと私は思ってます。

なんでだろうか?そもそも無料のものに自分のコンテンツを全て出すって怖いけど、そういうのもわかんないんでしょう。「ビジネス」への意識が低いんだと思います。

で、大抵つまらないのはアメブロに多くて、うっかり開いて見てみると、自慢や自己アピールが過ぎる人のブログが多い。これは、つまらないというよりツライ

それから、正論とかもっともらしいことを(自己啓発系)並べているブログもつまらないなあ。

そういう人の周りには(多分)お金を払わない「自称ファン」が多いんだと思うので、Facebookの投稿にもいいね!が多いですね。いいね!が多い人に乗っかりたいだけかも的な。

結局自分が一番って言いたいんだよね?というのが読めてしまう文体の人のブログにも、2度と足を運びませんね。

それから、「・・・」が多い人も読んでて疲れます

曖昧な表現をする人はビジネスには不向きかもしれないですね。この人から買う商品やサービスは中途半端な気がする。

察するに、性格が優しいか優柔不断なんでしょう。こういう人はイケイケのパートナーと一緒にやるとちょうど良いかも?とか思ったり。

多分だけど、面白くないブログを生産してる人って他人のブログを読んでない気がしますね。それか、同じように「つまらないブログ」を読んで参考にしているかどちらかかなあ。

面白いブログ

つまらないブログの真逆とも言えるんですけど、ハッキリ言い切ってる人のブログは面白いと感じます。

誤解を恐れず言うなら、正しいか正しくないかはあまり重要じゃないというか。その人となりがわかるから面白いと感じるんです。

それと、たとえ話が上手な人。これは私も勉強したいところなんだけど、ユーモアたっぷりでわかりやすい例えを出してくれるブログって本当に面白い

だけど、私たちはライターではないし作家でもないので、ここはあまりこだわると書けなくなります。

たとえ話を出す代わりに、自分が実際に経験したこと、体験したこと、感じたことをそのまま書くことをオススメします。

これは、自分にしか書けないことだから。自分が感じたことは自分にしか感じられないし表現できない。あたりまえだけどこの感覚ってすごく大事だよ。

アメブロでも面白いブログを書いてる人がたまにいるけど勿体無いなと思うと同時に、アメブロのアカウント捨てて勝負してほしいし、勝負できるはずです。

自分で読んで面白いかどうかで判断してもいいじゃん

で、面白いかどうか判断するのは読み手なんですよ。Googleアナリティクスを使って、どんなブログが読まれてるかを分析するとよくわかる。

だけど、その前に、

自分で読んで面白いかどうか

これで判断してもいいんじゃないのかなと。

冒頭で「過去のブログがつまらなくて○ソ過ぎる」って書いたけど、自分のブログ読んでどう思うかです。

どうせ読むんだったら面白い方がいいよね?つまらないブログを読んだ時間は戻ってこない。これは読んでもらう人に対しても同じことです。

自分の首絞めそうなのでちょっとここで言い訳書くけど、全てのブログが面白い必要はないですよっと。

全ての記事が面白い!ってなるように、他人のブログを読んだり自分で書いてブラッシュアップしましょう。

それから、なぜつまらないのか?自分で自分のブログを分析してみることをしてみてください。他人に指摘されるとムッとするだろうけど、自分ならいいじゃん(笑)

ブログ著者

もち月りえ
もち月りえフリーランスのウェブコンサルタント、ディレクター
苦手な人や初心者のウェブがわからない!をサポートしている。クライアントに安心と信頼を感じてもらいつつ苦手なウェブを克服させ、集客につなげるのがミッション。最近はリトルヘルプ主催の「IT自習室」に出没中。

ウェブが苦手な人の集客相談

ウェブが苦手な方や集客の悩みをお持ちの方に、アクセスアップや集客につながる具体的な改善点をお伝えします。