つまらないブログと面白いブログの違いについて考えてみた

過去の自分のブログを読んで、あまりのつまらなさに辟易したことがあります。特にアメブロで書いてた時のブログは○ソでした。

アメブロで書いてたものをワードプレスに移行した時に、「ほとんど使えねー」って思ったことと、あの絵文字の邪魔なことといったらなかったです。「なんなのこの絵文字(怒)」と怒りすら感じました。

そういえば、アメブロからワードプレスに移行したい人の悩みって「どんなことを書けばいいの?」が多いんですよね。相談では必ずこの悩み出てくるんだけど気持ちわかりすぎるほどわかります。今風に言うと「わかりみが深い」か。

私がつまらないブログから脱出するためにしたことは、他人のブログをたくさん読むことでした。何が面白くて何がつまらないのか、他人のブログを読んで自分がどう感じるのか分析しました。

もちろん個人の好みに左右されるところもあるけど、読者目線は大事だと思って。

つまらないブログ

つまらないブログは「アメブロ」などの無料ブログに多い気がしました。なんでだろう?自己アピールと誰かの紹介しあいっこしてるのが多いからかなあ。これは、つまらないというよりツライ

それから、正論とかもっともらしいことを(自己啓発系)並べているブログも見かけますね。ほら、ポエムみたいなのあるじゃないですか。

語尾に「・・・」が多い人も読んでて疲れます。性格が優しいのか優柔不断なのか、それとも自分の意見を言い切る勇気がないのか書いてる内容自信がないのか。いずれにしろ曖昧な表現をする人はビジネスには不向きと思いますねー。

多分だけど、面白くないブログを生産してる人は、同じように「つまらないブログ」を読んで真似したり参考にしてるのかなと思います。

面白いブログ

つまらないブログの真逆とも言えるんですけど、ハッキリ言い切ってる人のブログは面白いと感じます。誤解を恐れず言うなら、正しいか正しくないかはあまり重要じゃない。その人となりがわかる、その人にしか書けないだろうなと思うから面白いと感じるんだろうな。

それと、たとえ話が上手な人。これは私も勉強したいところなんだけど、ユーモアたっぷりでわかりやすい例えを出してくれるブログって本当に面白い。だけど、プロの物書きでない私たちがここにこだわり過ぎると書けなくなります。

たとえ話を出す代わりに、自分が実際に経験したこと、体験したこと、感じたことをそのまま書くことをオススメします。これは、自分にしか書けないこと。自分が感じたことは自分にしか感じられないし表現できない。あたりまえだけどこの感覚ってすごく大事

自分で判断してもいいんじゃない?

面白いかどうか判断するのは結局読み手なんですよね。Googleアナリティクスでどんなブログが読まれてるかを数字で分析して、想像してみてもわかります。

だけどその前に、自分で読んで面白いかどうか。これで判断してもいいんじゃないのかなと。冒頭で「過去のブログがつまらなくて○ソ過ぎる」って書いたけど、自分のブログ読んで正直どう思うか?です。

どうせ読むんだったら面白い方がいいです。つまらないブログを読んだ時間は戻ってこない。これは読んでもらう人に対して失礼なこと、くらいの気持ちで真剣に書きたいですね。

ここまで書いて、自分の首絞めそうなのでここで言い訳書くけど、全てのブログが面白い必要はないです。全ての記事が面白い!ってなるように努力するのは大事だけど。

そして、必ず自分で自分のブログを分析してみてください。つまらないなら何故なのか?面白いと思うのは何故なのか?自画自賛大いに結構!!他人に「面白くない」って指摘されるムッとしたり凹んだりしそうだけど、自分に辛口ならいいんじゃないの?(笑)