SNSで直接売る人が多すぎてみんなうんざりしてませんか?

アメブロが4月に仕様変更をしたらしいですね。

常時SSL化、プロフィールページ、アクセス解析など。詳細はよく知りませんが閲覧者が快適に、使用者が使いやすくという目的なのだと思います。

と、は、い、え。

アメブロは以下の事項を禁止しているので商用利用はNGと私は解釈しています。以下の規約を参考までに載せておきます。

Ameba利用規約第13条(禁止事項)(4) 当社の承諾のない商業行為の③

③ 当社が許可したものを除き、営利、非営利目的を問わず、物やサービスの売買、交換(それらの宣伝、告知、勧誘を含む)を目的とする情報の送信等(物品を販売し、又は契約を締結させることを目的とする無料セミナーの情報の送信等を含む)

引用元:Ameba利用規約(http://helps.ameba.jp/rules/post_104.html)

アメブロとフェイスブックは似ている

アメブロが商用利用禁止なのは結構有名な情報なんだけど、フェイスブックの個人アカウントも商業利用禁止だったはず。だからフェイスブックページというのがあるんだもんね。(規約の中に該当部分を探そうとしたけど諦めました汗)

アメブロはブログと言っても独自ドメインを使うわけではないので、SNSのようにクローズドのシステム。そこで営業行為をしても外に出にくくて、それはフェイスブックと同じです。

アメブロは自分の「読者」に、フェイスブックは自分の「友達」に投稿内容が流れます。

<似ている点その①>だから、アメブロユーザーは読者を増やすのに一生懸命だし、フェイスブックは友達を増やすのに一生懸命な人が多いんですよね。

で、<似ている点その②>として、そうやって集めた人たちに買ってもらったり登録してもらうための投稿をするんですよね。告知や宣伝です。

アメブロとフェイスブックでされていることはとても似ています。

SNSで直接売ってもそのうち頭打ちになる

アメブロで読者になる人は、相手も事業なりビジネスなり起業している人が多いから、同じ属性同士でつながりやすいです。

フェイスブックも、「友達」と称した「起業仲間」が多いので、結局同じ属性同士でつながりやすいです。

フェイスブックは友達の友達の友達・・・と拡散されやすいと言われたこともあるけれど、どうでしょうか?拡散だったらツイッターが良いと思いますけどねえ。アメブロやフェイスブックのような「しがらみ」もないし。

TwitterとFacebookの違い。それは「しがらみ」!?

 

それに、たとえフェイスブックから集客できてたとしても、そんなに長く続かないんじゃないでしょうか?友達や知り合いはそんなに頻繁に増えるものでも、むやみに増やすものでもないですし。

実際私のクライアントさんで、フェイスブックで集客できたのは約1年間ほどでアメブロでも難しくなった、自分と全く関係ない知らない人をお客様にしたいという方がいらっしゃいました。

全く自分の知らない人に売らないと続けられない

初めは友達や知り合いに手伝ってもらうことはあっても、いくら友達とはいえずっと買ってくれるほど甘くないです。

投稿に「いいね!」がどんなにたくさんあっても、その人たちは買ってくれるんでしょうか?「いいね!」は挨拶です。「いいね!」をする人はお客様にはなりませんし、友達や知り合いはお客様ではないと心得ていた方がいいです。

SNSで認知や拡散を狙うなら、ツイッターをオススメします。まあ、何れにしても「継続は力なり」ですぐに効果が出ることはないので、根気よく続けることです。

SNSは買う目的で見ていない

それに、アメブロやフェイスブックを「買う」目的で眺めている人はいません。なんとなく見てるだけ。買おうと思って探している人はグーグル検索かヤフー検索します。

それか、物ならインスタグラムかピンタレストで探す人もいるでしょう。面倒な交流がなくても自由に閲覧できる画像SNSは利用価値はあります。だけど、「いかにも」な画像や投稿はスルーされるし、あの世界観にそぐわない画像や広告は支持されません。

あまり告知や販売ばかりしていると、焦りや煽りと思われちゃうので気をつけましょうね。

ブログ著者

もち月りえ
もち月りえウェブコンサルタント
苦手な人や初心者のウェブがわからない!をサポートしている。クライアントに安心と信頼を感じてもらいつつ苦手なウェブを克服させ、集客につなげるのがミッション。

Web初心者のうぇぶ集客メルマガ

ホームページ、ブログ、SNSなどのウェブや集客に関するお話はもちろん、身近な話題や出来事から集客に役立つ情報をお伝えします。