どうでもいい話だけど書いておく。カラーセラピストだったのになぜ今ウェブコンサルタントなのか

わたしがオーソーマというカラーセラピーに出会ったのは38歳の時。きっかけとなったのは、ママ友とのトラブルからでした。

トラブルと言っても今思えば大したことではありません。当時のわたしは自分の心の中に、得体の知れないモヤモヤがたくさんあったのだと思います。

このまま○○ちゃんのママで終わるのは嫌だ!とか、子育てが終わったらわたしは何をするんだろう?とかよくあるやつです。

現状に満足できてない、かといって何か行動を起こすわけでもなく毎日なんとなく過ごしてました。

自分の心の声に耳を塞ぎながら、暇なのでそんなに気が合うわけでもないママ友と、気が進まないランチやお茶に顔を出していたのです。

そんなある日、話半分でみんなの話にうんうんと頷いていたわたしが、悪口の張本人に仕立て上げられていたという事態に。まあ、よくあることですね。暇な女が集まるとこうなります(笑)

この世界は自分の居場所ではないと薄々感じていながら、仲間はずれになるのが怖い、悪口言われたら嫌だと、そんな自身のない自分への罰だと思ったものです。

すっかり気落ちしたわたしは、色々な本を読みあさりひとりで過ごす時間を増やすことに専念しました。その時に出会ったのが、オーラソーマというカラーセラピーだったのです。

はじめての個人セッションでは、『色を選んだだけなのに、なぜこんなにわたしのことがわかるの?』と驚き、もっと知りたい!とカラーセラピーを学ぶことにしました。

カラーセラピーは、本当の自分と向き合うことから始まりました。自分の嫌な部分や認めたくないところにたくさん気づかされました。

お恥ずかしい話ですが、38歳にしてわたしは初めて精神的に自立したんだと思います。

人間関係のトラブルは生きていればどんな状況でも起こり得ることですが、その頃はまだ仕事をしていない専業主婦がたくさんいたので、ママ同士の付き合いというのが盛んでした。

「ママ友に相談したら120%の確率で話が漏れる危険がある」というのが現状だったので、ならば「話が漏れずに安心して悩みを聞いてくれる場所」を自分が作ろう!と思い、カラーセラピーの自宅サロンを開業したのが始まり。

経済的にもちゃんと自立したいと思ってはいたものの、正直カラーセラピーでは稼げませんでした。

ちょうどその頃、自分の集客のためにウェブマーケティングを学んでいたところで「これって昔やってたネットオークションの経験をと似てる」と気づきました。

みんながアメブロを使っている中、起業仲間でウェブデザイナーの友だちの助けを借りながら、WordPress(ワードプレス)を始めてみました。

当時はFacebookやメルマガも集客に役立つという風潮だったのでそれも並行してやってみたところ、少しづつ集客につながりました。とはいえ、大した成果ではなかったけれど。

だけど目の前のお客様と対話しながら気づいてしまったんですよ。カラーセラピーにほとんど執着がないってことを。カラーセラピーでは稼げない、だったら違うことでもいいじゃんと。

その頃、交流会やセミナーで知り合いになった自宅教室やサロンで起業した女性たちは、ほとんどの人がウェブやインターネットが苦手で全くわからないという人ばかり。

ならば、その人たちの悩みを聞き(←ここはセラピストで培ったヒアリング力が活かせると思った)、苦手な人でもできることを教えてあげようと思い、ウェブコンサルタントに転身したのでした。

「自分のできることや得意なことで誰かの役に立ち、報酬をいただけることは何か」の問いは、カラーセラピーでなく、ウェブが苦手な人専門のコンサルタントという仕事でした。

この仕事を始めて5年が過ぎようとしてます。よく続けられてるなと自分でも思います。

いつも思うのは「ウェブ」というものを通して「モヤモヤを解消するお手伝いをしている」ということ。これは、セラピスト時代と同じなんですよね。

社長になるとか有名になるとか、そんなことはわたしにとってどうでも良いことなんですよ。
自分ができることで誰かの役に立って喜ばれてお金がもらえる。それはとてもシンプルだけど簡単ではなくて、でもやりがいがあることだと思ってます。

ブログ著者

もち月りえ
もち月りえウェブコンサルタント
苦手な人や初心者のウェブがわからない!をサポートしている。クライアントに安心と信頼を感じてもらいつつ苦手なウェブを克服させ、集客につなげるのがミッション。

ウェブが苦手な人の集客相談

ウェブが苦手な方や集客の悩みをお持ちの方のご相談を受けています。