メルマガ?LINE@?ネットの情報を鵜呑みにしちゃダメ

私の周りでは、メルマガはもうオワコンだとか、今時メルマガ送ってるなんてあり得ないとか言ってる人たちがいるんですけど、本当にそうなのかなあと考えています。

あ、「オワコン」ていうのは「終わったコンテンツ」の略で、流行遅れの集客方法という意味で使われています。

これ、「Facebookはもうオワコン」とかそういうのと全く一緒ですよね。ネットの情報をそのまま鵜呑みにするのではなく、自分の事業にとってオワコンなのか?って考えるべきだと思うんですよね。

そもそも、なぜメルマガやLINE@などの配信をするのでしょうか?なぜ配信したいのでしょう?

メルマガやLINE@は、ブログやSNSで接触した方と繋がるためのものです。登録してもらえたら、今度はこちらから情報を個人に配信することができます。

今すぐではないけど、いつか買いたい、参加したい、申し込みたいという気持ちに応えるためのものがメルマガやLINE@なんだと思います。

 

で、メルマガはオワコンなのかですけど。

私自身、メルマガは配信をやめているので現時点でメルマガの効果を語ることはできないのですが、ユーザーの立場から言わせてもらうとするなら「オワコンではない」と思っています。

私は好きなお店の情報や、気になる会社や団体の最新情報はメールで受け取っています。逆にLINE@は気軽に登録しません。

なぜなら、私にとってLINEはプライベート感覚なので本当に受け取りたい情報だけに厳選しているから。メールは見なかったら見なかったでOKなので、その程度のものを受け取るにはメールで十分なのです。

でも、これはあくまでも私の場合。

自分のお客様はメールやLINEをどんな風に使っているのかを考えてみることです。これは、事業内容にも関係しているし、お客様の年齢やライフスタイルに関係することです。

では、メルマガやLINE@に適しているのはどんな事業なんでしょうね?

例えば、目に見える物ではない形にないものを提供している場合はメルマガとの親和性は高いです。セミナー講師なんかはメルマガとの相性良いのでは?情報の質や量を考えるとLINE@だとビジネスライクな感じがしない気がしますがどうでしょう?

私だったら、やはりメルマガを再開するでしょう。LINEのあの画面やイメージと私の情報では違和感ありますし。

同じように目に見えないサービスとして占いがありますが、占いとLINE@は相性良さそうです。毎日、毎週など、その日の運勢をサクッ読めるのはユーザーとしても気軽で良いですし、タロットだったらカードの画像を送ったりとかできるし。(著作権問題がOKならね)

ハンドメイド系やファッション系、美容系、教室やレッスンをしている人は、LINE@との相性は良さそうですね。

お客様が主婦や会社員という場合が多いと思うので、LINEは頻繁に使っていそうな気もします。習い事系のライトな情報なのでLINEでも違和感ないでしょう。

 

このように、自分の事業の性質やお客様のこと、ターゲット層を考えてみると、何を使うと良いのか見えてきます。

LINE@が良い、SNSで十分などなどネットの情報に踊らされずに、自分の事業とお客様の状況をよく調べて、一つのことに決めずにいろいろ試してみることも大切ですよ!

ブログ著者

もち月りえ
もち月りえウェブコンサルタント
苦手な人や初心者のウェブがわからない!をサポートしている。クライアントに安心と信頼を感じてもらいつつ苦手なウェブを克服させ、集客につなげるのがミッション。

ウェブが苦手な人の集客相談

ウェブが苦手な方や集客の悩みをお持ちの方のご相談を受けています。