ホームページ作りたいんですけど何がおすすめですか?に私が答えるなら

仕事柄、「ホームページ作りたいんですけど何がおすすめですか?」とよく聞かれます。名刺交換とかちょっと立ち話とかにサクッと気軽に聞かれます。

実はこういう質問にどう答えたものか?と正直困ってしまうのです。

「やはりワードプレスがいいんですか?」
「ペライチが良いって言われました」
「ブログはやはりアメブロ?」
「JimdoやWixはどうですか?」

みたいな感じです。

ホームページサービスが多くなったから選べるけど悩む人多発

昔は企業しか持ってなかったウェブ上の自分メディア「ホームページ」。それが、アレヨアレヨという間に、

アメブロバブル

「Jimdo」でホームページを作る

「Wix」とか似たようなサービスが続々出る

ワードプレス(WordPress)が流行る

「ペライチ」登場

ペライチと似てるけどブログも書ける「クローバPAGE」登場
・・・と続々とサービスが生まれてきています。

ウェブやITに詳しくない人や苦手な人は、身近な人に「ペライチいいよ〜」と言われると「そうなのか」と思うし、また別の人に「ワードプレスの方がいいよ」と言われると「そうか」となり・・・。

もう何使ったらいいの?ということで、冒頭の質問が来るわけです。

事業内容と目的で、選ぶツールは違います

ホームページのおすすめは?って気軽に聞かれた名刺交換の立ち話というシチュエーションで、「〇〇がおすすめです」と言うのは、私としては無責任な気がして答えにくいのです。真面目過ぎると思われても仕方ない、だってそうなんだもんw

なので、答えるとしたら「事業内容と目的でおすすめするものは違うんですよ」と答えます。はい、答えになってませんねw

でも、これが正直な私の回答です。

事業内容によって違うのはなぜ?

例えば「個人に英会話を教える事業」を例とすると、カフェなどを使って行う個人の英会話講師と英会話教室を経営する人とでは、ホームページに掲載する内容やボリュームは全く違いますよね。

または、一件あたり数十万円のサービスを売ろうとしてる個人のコンサルタントの場合、ホームページだけで契約が完結するのは難しいですよね。

事業内容、事業規模によって使うツールが違うのは当たり前です。大学生の一人暮らしの部屋選びと家族4人が住む部屋選びが違うのと同じなんです。

目的によって違うのはなぜ?

事業内容によって、ブログを書く必要性、メルマガ配信やダウンロード資料の必要性など、契約の前段階のアクションが必要になったりする場合があります。(これもヒアリングしないとなんとも言えない)

そうなると、ペライチではブログが書けないし、「ダウンロード」「メルマガ登録」を閲覧者がページを変えずにその場でできる機能が必要とか、そういうことを考えないと「おすすめは〇〇です!」なんて一言では言えないというのが個人的見解です。

実はツール選びだけじゃないホームページ制作

それから、私が何より重要だと思うのはホームページを作った後のことです。それは、

「自分で管理できるか」

管理というのは、ブログや内容の更新、集客の効果があったか自分でチェックすることです。これはとても重要で、本来のホームページの目的が果たせてないだけではなく、決して安くはない料金を支払ってるのに放置状態になりお金の無駄になります。

更新の仕方がわからない、使い方がわからない、どんなブログ書いたらいいかわからない、など。これ、本当に多いんです。

ホームページはあれば良いってもんでもなく、作って終わりでもなく、一定のアクセスが集まり効果が出るまで育てるものなのです。だいたい、作ってる時は「楽しい楽しみ」って言うけどその後放置がなんて多いことか。(チコ的)

365日24時間働いてくれる自分の相棒ホームページだからこそしっかり考え、サクッと「〇〇がいいよ」という人のことを鵜呑みにしないようにましょう。

ブログ著者

もち月りえ
もち月りえウェブプロデューサー、ディレクター
東京生まれ下町育ちの50代
共働き→15年間の専業主婦生活→45歳でフリーランサー。今は会社員。
主婦時代、ネットオークションに出品したことがきっかけでマーケティングに興味を持つ。「なぜ売れるのか」「なぜ買うのか」購買心理を考えるのが好き。趣味:テニス、SNSで情報収集。