初心者がホームページを制作するときに必ずチェックしたいこと

とあるご縁で、地方の中小企業さんと新しい商品の開発についてディスカッションする機会をいただいています。

商品を作る側と、その商品使う側、両方の視点がこんなにも違うのか!と、毎回ミーティングの度に驚きやヒントが満載です。

その中でも、やはり私が気になるのが新製品のために開設したホームページ。ちょっと見づらいな、導線がわかりにくいな、という印象だったのです。

外注するにしても自作するにしても、ホームページ制作する上で大事な点は本当にたくさんあります。今日は、その中でも基礎中の基礎を再確認の意味でもお伝えしておきます。

常時SSL化になっているか

これから新しくウェブサイトを作るという方は、ホームページのドメインは「https://」から始まるように設定できているかをチェックしてください。

常時SSL、SSL証明書など、聞きなれない人や聞いたことがあるけど自分に必要なのかわからない、という方は、このサイトにわかりやすい絵とともに説明がありますので見てくださいね。

今さら聞けないSSL証明書とは、DV、OV、EVとは、常時SSLについて
https://shared-blog.kddi-web.com/webinfo/244

ホームページにソーシャルボタンを設置しているか

「いいな」と思ったり、「友達におしえてあげよう」と思っても、FacebookやTwitterのボタンがないと不便です。

 

それに、広く知ってもらいたいと思ってホームページを開設したはずなのに、SNSへの入口がないと機会損失です。

外部サービスでブログを書いてないか

これ、本当によく見かけます。せっかく独自ドメインで(多分ワードプレス)でホームページを持っているのに、外部の無料ブログを使っていることです。

自分のホームページの中にブログを書いて、それをSNSで拡散するというのが基本です。個人ではなく企業としてのブログならなおさら自分のウェブサイト上で発信したほうが自社のコンテンツとして蓄積していきます。資産になります。

それに、アクセス解析する時もどこから流入してきたのか、どんな記事がきっかけとなったのかなどを分析する際にも、同一ドメインの方がデータを取りやすいという利点もあります。

ブログが説明文になっていないか

ブログは書き慣れていないと何を書いたらいいかわからない、というのがありますよね。慣れない人がやってしまいがちなのが、自分の商品の説明文になってしまうこと。

素材にこだわったり、デザインにこだわったりと、作り手はこだわりを持っています。そのこだわりをアピールしたい気持ちはわかるのですが、「商談」みたいな説明文になっていることが多々見受けられます。

これだと、買い手である一般ユーザーは面白く読めないのです。ターゲットと想定しているユーザーと同じ目線で言葉や言い方を考える必要があります。

商品のこだわりをアピールしたい気持ちはよくわかります。でも、商品やサービスのアピールよりもユーザーの気持ちに寄り添うことの方が大切なのです。

どんなことで困っているか、どんな商品があったらいいなと思っているのか、常に想いを馳せましょう。

おしゃれなデザインだけど見にくくないか

商品によっては、ホームページもおしゃれに見せたい、演出したいという気持ちは誰にでもあります。

そこでよく目にするのがメニューの英語表記。

ターゲットが外国人とか、海外に住んでる日本人とかならまあいいとして、日本の日本人ユーザーがターゲットなのに英語表記というのは、個人的におすすめしていません。

なぜなら、英語を見て一旦脳内で翻訳してるわけだから、ユーザーにとって面倒なことをさせてしまってることになりますよね。

ユーザーにとって快適に閲覧できる状態とはどういう状態なのかと考えると、日本語表記の方がすぐ理解できるので日本語表記がおすすめです。

SNSをよくわからないまま使ってないか

物を売る場合、相性がいいのは画像SNSのInstagram(インスタグラム)というのは周知の通りです。年齢層や事業内容によってはFacebookも有効かもしれません。ツイッターは「本気のフォロワー」の数が多くないとあまり認知度は上がりません。

自分の商品やサービスをどのSNSでアピールしていくか、どの層がどんなSNSを使っているか、どういう使い方をしているかを考える必要がありますよね。

これは私個人の印象なのですが、最近のインスタグラムは投稿の際のテキスト(文字)が多くなってきてFacebookとあまり変わらない使い方に見えます。

インスタグラムはそもそも素敵な「映え写真」を投稿する場所なので、Facebookと違いリア充投稿も堂々とできるからかなあなんて思います。

SNSは継続していないと忘れられてしまうので疲弊せずに継続する方法を見出さないといけません。だからこそ、効果が期待できるのはどのSNSかを見極め集中して活用することをオススメします。

<まとめ>ホームページを制作するときに必ずチェックしたいこと

  • 常時SSL化になっているか
  • ホームページにソーシャルボタンを設置しているか
  • 外部サービスでブログを書いてないか
  • ブログが説明文になっていないか
  • おしゃれなデザインだけど見にくくなってないか
  • SNSをよくわからないまま使ってないか

今回は、以上5つのポイントをあげてみました。

せっかく作ったホームページがたくさんの人に見てもらえるますように、せっかく書いたブログがターゲットに届きますように。

ブログ著者

もち月りえ
もち月りえウェブプロデューサー、ディレクター
東京生まれ下町育ちの50代
共働き→15年間の専業主婦生活→45歳でフリーランサー。今は会社員。
主婦時代、ネットオークションに出品したことがきっかけでマーケティングに興味を持つ。「なぜ売れるのか」「なぜ買うのか」購買心理を考えるのが好き。趣味:テニス、SNSで情報収集。