50代の働き方の考察:個人事業主と正社員はどちらがいいか(超個人的な見解)

私は2019年4月に個人事業主から正社員になりました。その頃書いたブログがこちらですが、先でも後でも興味があったら読んでくださいませ。

で、今日は7月20日なのでもう直ぐ4ヶ月が経とうとしています。今の気持ちを率直に述べると、「個人事業主に戻りたい」です。超本音。

数ヶ月でそんなこと思うなんて甘い、じゃあなんで正社員になったんだよ、など自分でも突っ込みたい気持ちはあるんだけど、会社に拘束されることが私には合ってないのでは?と気づいたんですよ。

会社に拘束され過ぎている感

正社員になってみると「こんなに会社に拘束されるのか!」ということに改めて気づかされたんですよ。(先に誤解のないように言っておきますけども、とても小さい会社だけど良い会社です。加えて、正式には半年間は有期社員扱いで今は正規社員ではない。)

勤務状況は、週40時間労働、月から金まで毎日オフィスに出勤、ウェブディレクターなので一日中パソコンの前に座っています。

これだけ書くと正社員で働いている人からは「普通じゃん」と思われるでしょう。ですが、仕事柄パソコンとWi-fiと電源があれば会社じゃなくてもできるわけだし、往復2時間の通勤時間を仕事に回せば、下がったQOLは向上すると思うんですよ。まあ、勤怠管理をどうするかっていう問題はあるけど。

それと、27年ぶりにフルタイム勤務になった54歳の私には体力的に不安が。。10時〜19時という就業時間では平日の家事は洗濯と軽くクイックルワイパーする程度しかできないので、夫には夕飯作りはしないと宣言。

入社のオファーを受けた時は「リモートと副業したい」と希望してOKもらってるけど、実際は交通費全額支給、社会保険完備など正社員と同等の待遇を受けているため、「今日は家で仕事します」と言いにくいのですよ。ここまで書いて、「何をわがまま言っとんじゃ」って言われそうな予感がしてきたw

働き方改革は時短や副業だけじゃない

先日こんな記事を読んで衝撃を受けたので、思わずFacebookでシェアしました。

すごく羨ましいと思いました。会社に拘束されることなく、自分の経験を活かした仕事ができるんですよ。それも通い慣れた愛着のある会社と取引ができるなんて、タニタの社長さんって本当に社員のことを考えているんだなあと思います。

これを読んで、ますます正社員ではなく個人事業主に戻って会社と業務委託という道を考え始めました。だだ、正規社員の待遇はなくなるしずっと雇ってもらえる(仕事がもらえる)保証はない。

気力も体力もかろうじて残っている今、さてどうするか。モヤモヤ。

「やりたいこと」と「働き方」のバランス

それから、今は副業扱いになってしまった「もやキャリ」という活動も中途半端になってしまっているので継続したいし、きちんと事業化したいという思いもあります。でも、これを実現するには今の働き方では時間と体力が足りないのです。

「土日にやればいいじゃん」→「そうだけど、休みなしで働くのはいくらやりたいことでも体力的に辛い」という会話を何度も脳内で繰り返している私ですが、「やりたいこと」と「働き方」のバランスは本当に難しいと痛感している次第。

今夫はベンチャー企業で働いているので終身雇用を約束されているわけでも、退職金がガッポリもらえるわけでもない。引き続きリスクヘッジ必要となるとやりたいことだけやってるわけにもいかないというのが現実。

理想はおばあちゃんになっても仕事のオファーがあること

とはいえ、今の会社に入ったからこそできるようになったことや、学んだことが既にあるのは事実です。まだ4ヶ月足らずとはいえ任されている仕事もあり、この知識や経験は、もし個人事業主に戻ったとしても無駄になることはないはず。

生涯現役という言葉があるように、性別や年齢関係なく「あなたと一緒に仕事がしたい」という魅力的な人間でいることや、そういう交流やつながりを持って仕事ができる人間になることが私の理想です。

で、個人事業主か正社員どちらがいいかとういうと

結論は「個人事業主」ですね。ただ、現実はまだ「正社員」の方がいろいろな面で手厚い保証が受けられます。正社員と契約社員の賃金格差も目立ちます。もし、今の仕事と同じ内容で業務委託しても、今の給料ほどはもらえないのは目に見えてる。ほんとタニタすごいよ。。

それでも、「自分のやりたいこと」と「自分に合った働き方」を考えると「個人事業主」に軍配があがるんですよ。

フルタイム勤務をしてみて「この働き方は自分に合ってないのでは?」と気づけたのは良かったと思うし、「ならば今後どうするか?」「どうすれば自分が満足できるのか」を時間とお金、やりがいの面から熟考する時期に来たということですね。

ブログ著者

もち月りえ
もち月りえウェブプロデューサー、ディレクター
東京生まれ下町育ちの50代
共働き→15年間の専業主婦生活→45歳でフリーランサー。今は会社員。
主婦時代、ネットオークションに出品したことがきっかけでマーケティングに興味を持つ。「なぜ売れるのか」「なぜ買うのか」購買心理を考えるのが好き。趣味:テニス、SNSで情報収集。