あなたの売りたいモノのが売れる場所<ホームページ>はどのように作る?

商品やサービスができたら、まずは知ってもらうためにホームページを作ってそこで紹介すれば良いんだね!ということになりますが、ちょっとその前に。

自分のお客さまはウェブ上にいるか確認

 

ウェブ上に自分のお客さまがいるのかどうかを先に考えてみましょう。日頃からインターネットをスマホやパソコンで使っているかどうか?ということですね。

日常的に「検索」という行為をしていない、SNSも使わないというお客さまなら、お金と時間を掛けてウェブに注力するよりも、今まで通り、チラシなどの紙媒体やリアルな営業やご紹介などのほうが、成果が大きい場合もあります。

ホームページを運営するメリットは?

自分のお客さまはウェブを使っています!ウェブは必要です!ということであれば、次に考えることは、ホームページを運営するメリットは何か?

少し考えてみましょう。

 

ホームページを運営するメリットはいろいろあると思いますが、だいたい以下のような理由ではないでしょうか?

・広い範囲で知ってもらえる

・ウェブからのお客さまも獲得したい

・高い広告費を払わなくても宣伝出来る

・実店舗がなくてもウェブ上で販売ができる

 

自分なりのメリットがはっきりしたら、次はウェブを使う目的を考えてみましょう。目的というのは、先に考えたメリットを達成させるための具体的なことです。

例えば、

・実店舗に足を運んでもらうこと

・ウェブからお問い合わせしてもらうこと

・ウェブからお申し込みしてもらうこと

・メルマガに登録してもらうこと

 

ほかにもあるかもしれませんね。この目的は、ホームページを作るときにとても重要になってきます。

ほとんどの場合検索をして結果をクリックすると、最初に見るページはブログの場合が多いと思います。このとき、アメブロなどの外部ブログではなく、自分のホームページの中に自分のブログがあることが大前提。

そのブログを読んだ後にどういうアクションを取るか?を想像したり、読んだ後にどうしてもらいたいか?を考えてみましょう。

それによって構成を考えたり、デザインすることが目的達成に繋がります。

ホームページやブログはあくまでもお客さまの入口

目的達成と書きましたが、気をつけたいのはウェブでは無理やり売らないことです。ウェブで自分を初めて見つけてくれた人がすぐに自分の商品やサービスを買う確率は低いです。

どこのだれだかわからない、検索でたまたまヒットしたページからいきなり買うというのはとても勇気のいること。ですよね?

まずは、自分を知ってもらうためのブログは必須ですし、プロフィールのページも長い生い立ちや資格の羅列ではなく、自分がどんな人なのか知ってもらえるような情報を掲載しましょう。

そして、提供しているサービスがどんな人のどんな悩みを解決するのかがわかることも大事。メニューと料金の開示。当たり前のことですが、これが信頼度アップに繋がると思います。

そして、お問い合わせ、メルマガ、お試しサービスをご用意しておくことです。これはコミュニケーションするための次のステップで、とても大切です。

ホームページを作るときのまとめ

お客さまはウェブサイトにいるか?

ホームページを運営するメリットはあるか?

ホームページの中にブログを用意しているか?

お客さまとコミュニケーションするためのステップはあるか?

 

このようにしてホームページを準備すれば、あなたのホームページは理想のお客様と出会えます。

本当にそうなっているかは、お客様になり切って自分のサイトに訪問してみるか、理想のお客様に近い人に訪問してもらい、チェックしてもらってくださいね!もちろん、わたしに相談していただくのも大歓迎です!

ブログ著者

もち月りえ
もち月りえ初心者専門ウェブコンサルタント
東京生まれ下町育ち。
キャリアのない専業主婦からフリーランサーに。主婦の時に楽天フリマで出品しながらマーケティングを独学。「なぜ売れるのか」「なぜ行列なのか」「なぜ買うのか」など女性の購買心理を考えるのが好き。趣味:テニス、SNSで情報収集。