初めてホームページを準備する方へ

この記事は、これからホームページを準備しようとしている小さな事業の方のために書きました。

ホームページはワードプレス?

ホームページといえば「WordPress(ワードプレス)」。ワードプレスは今でも人気で、個人にも企業にも幅広く使われています。

このサイトを運営し始めた2013年頃は私もワードプレスを使うことをオススメしていました。

 

でも今は、自宅で開業、一人起業などの小さなビジネスでウェブが苦手な人が、はじめからワードプレスを使うには注意が必要と感じています。

ここ数年で、月々数千円を払えば独自ドメインが使えて、見た目も機能もワードプレスのようなホームページを持てる時代になりました。 ためしに「ホームページ作成サービス」で検索してみると多くのサービスが出てきます。  

自分に合うのはどのサービス?

ワードプレスなのか、ホームページ作成サービスを使うのか。自分に合うのはどっちだろうと迷ったら、自分の事業の規模を考えると良いですよ。

  • 事業を大きく成長させたい
  • 複数の事業をおこなっている
  • システムを埋め込みたい
  • 自由にカスタマイズしたい

このような方々はワードプレスがおすすめ。後々事業のスケールや状況に合わせてカスタマイズしやすいからです。 自分で作成するのではなく、制作会社やデザイナーに任せたほうがクオリティの高いサイトになります。  

費用はどれくらいかかる?

事業が小さいうちはできるだけコストを抑えたいものです。まずは自分で作成するのか専門家に頼むのか決めましょう。

ホームページ作成サービスは、無料から有料まであります。提供会社によって様々な料金体系になっていますが、だいたい月々2千円くらいから始められます。

人気のワードプレスは、サーバーを借りる費用はかかりますがプログラムそのものは無料です。レンタルサーバーは安いものでは1ヶ月数百円〜千円前後。ドメインも1年間数百円とから取得できます。 ランニングコストは低め。むしろホームページ作成サービスの有料版より安いです。でもこれは、「全て自分で作る場合」の価格です。  

自分で作れば制作費は無料だけど

ウェブが苦手な人がホームページを一から作るのはとても大変です。自分で作れば無料ですが、本業に使う時間が減ります。 時間と労力を掛けて自分で作る必要があるか?よく考えましょう。  

制作会社やデザイナーに依頼するとおいくら?

制作の専門家に依頼する場合、制作費は最低でも2、30万円は掛かります。トップページに使う画像だけをプロにお願いするなど工夫すればもう少し費用は抑えられます。

トラブル対応には費用がかかる

納品後はホームページの管理費や更新料を払う場合があります。これは、先々何か困ったことがあったりトラブルを解決してもらう場合の安心料です。トラブルの内容によっては、実費(工賃)を払う必要があることも覚えておきましょう。  

ホームページは管理が必要

各社が出しているホームページ作成サービスを使うなら、サーバーの管理など面倒なことやよくわからないことを自分でする必要はありません。もしトラブルがあった場合はサービス提供会社のユーザーサポートやヘルプデスクを利用します。

一方ワードプレスの場合は、制作を依頼したものは制作会社に、自作の場合は自分で管理する必要があります。例えば更新の時、「今まで表示されていたものがなくなった」などの支障が出ることもあります。

画面が真っ白!表示がおかしい!などウェブの専門家ではない私たちが、ネットの情報を見ながらトラブル対応をするのは現実的ではありません。もし自作する場合は、フォローしてくれる専門家の方を探しておいた方が賢明です。

どんなものでも絶対にトラブルがないとは言い切れません。  

ホームページを作るときはよく考えて

費用や管理のことはもちろん、事業内容や実績、自分のITスキルを考慮してホームページを作リましょう。本業に専念しながら安心して管理運営できることが一番大切です。

ホームページは大切な営業マンなのです。いつも元気に稼働してもらうためにも、作って終わりではなく管理しながら活用することを考えて準備しましょう。

ホームページについて悩まれている方はぜひご相談ください。自分にはどの方法が良いのかなどのお悩みやご質問にもお答えします。

↓ リトルヘルプのサービスに飛びます。

教室経営相談|オンライン60分

 

個別相談

ウェブに関するご相談を受け付けています
(リトルヘルプのサイトに移動します)