ホームページは自分で作らない方が良いわけ

オンラインやリモートワークが爆速で進んで事務所やオフィスの存在感が薄くなり、自宅で仕事することが当たり前になった近年、開業への理解も一気に進んだのではと思いたい。

ただ、その事業がまぼろしではなく実在する、実態があると認められなければなりません。認めてもらわないと信用されないからですね。

SNSはホームページ代わりにならないと知る

そのために必要なのがホームページ。SNSだけでホームページがないと趣味?サークル?と思われる可能性大です。

以前新規事業の立ち上げのお手伝いをした自宅教室さん。当時口コミだけで集客できてたもののホームページがなかったので作成しました。そうしたらテレビの取材が来たんですよ。これってホームページがあったからこそ。

アメブロとフェイスブックで集客してた自宅教室さんも、ホームページで集客動線を整えたら、フェイスブックもインスタもなしで一定の集客ができてきた。ま、できればSNSは更新した方が良いけどケースバイケース。

デザインは素人には無理と知る

で、最近強く思うのは、やはりホームページは専門家の元で作るのがよろしいということ。

制作デザイナーさんと組んでホームページを制作すると、視点の違いをよく感じます。両者ともウェブマーケティングの知識や経験は持っているけれど、私はプロデューサー、ディレクターなのでデザイナー側のアイデアや意見は新鮮。デザインってちゃんと学ばないとできないものですし。

で、自分でホームページを作るってことは、マーケティング、ブランディング、編集、デザインをすべてひとりでやるってことです。そこそこ形になればいいやと思っても、自分が知ってることや当たり前に思ってることを知らない人に理解してもらうって難しくないですか?

今はお金がない、予算が取れないならば自作するしかないけど、その場合はそれを利用する人(知人や友人でもOK)に、忖度なしで忌憚のない意見をズバズバ指摘してもらいましょうね。

ホームページは誰のためのものか知る

とはいえ、ホームページはこうあるべき!なんていう正解はありません。ウェブの世界は常に変わっていくので、数年経過したものは古い、使い難い、だめだこりゃとなりがちなので、常に見直していくのです。

それと、「自分の事業は思い入れが人一倍あるし誰よりも理解してる。だからこれだけは譲れない」ってものがあると思うんですけど、誰のためのホームページなんだっけ?と一旦落ちついて息をしましょう。

ホームページは自分のためにあるのではないですよね。未来の、今のお客さまのためです。その譲れないものってお客さまに必要なんだっけ?の視点。この視点超大事!!!これ絶対に必要!!!

無料ほど高いものはないと知る

あと、ワードプレスが使える人に無料で作ってもらいますってやつも危険です。これ結構耳にするんですよね。その度に「あああ・・・」と思ってしまう私ですが、デザイナーを生業にしてない人に自分の大切な事業を任せてよいのかよく考えて。後で何かあったとき(ワードプレスだと結構後で何かある)、リカバリーできないとそのホームページは使えなくなります。

それと、デザイナーさんは他人が作ったものを直すの大変というのも覚えておいて。プロではない知人に作ってもらったものを、後から直したい、リニューアルしたいとなると高額(それだけ時間がかかる)になることがあります。ゼロから作り直しの方が安くて早いというケースは多々あるのですよ。

 

以上、ホームページは自分で作らない方が良いわけ、ざっとこんな感じです。参考になれば幸いですよ!

個別相談

ウェブに関するご相談を受け付けています
(リトルヘルプのサイトに移動します)