ブログの書き方に悩んだら?ブログには自分にとっての「当たり前」を書けば良い

 

お役立ちサロンのもち月りえです。

 

この記事を読んでいる方は、すでにブログは書いている、という方も多いのでは?わたしが受けるご相談も、ブログについてが多いです。

「ビジネスブログって何を書けばいいのでしょうか?」というご相談が多いです。

その答えは、、、自分にとっての「当たり前」を書けば良いんです(^_^) 知っていること、得意なこと、普通にできて当たり前と思っていることです。

 

 

そもそもブログとはなんでしょう?

 

下記の引用文を参考に、ブログの定義について改めて確認してみましょう。

 

現在、より頻繁に用いられている広義には作者の個人的な体験や日記、特定のトピックに関する必ずしもウェブに限定されない話題などのような、時系列で比較的頻繁に記録される情報についてのウェブサイト全般を含めてブログと呼称する。
個人の日記的なものから、手軽な意見表明の場として、時事問題などについて論説するものがある。また、企業やクリエイター集団が、対外的な活動日誌などという位置づけで自社公式サイト内でブログを公開している事も多い。

Wikipedia

 

ウェブログ(Weblog)の略で、自分の意見や感想を日記風に記して、それに対する感想などを閲覧者が自由にコメントできる形式のWebサイトのこと。ブログを作成する人のことをブロガーと呼び、米国では、社会不安が一気に高まった2001年の同時多発テロ事件以降、急増した。日本ではブログという言葉は、ブログ作成ツールを使って作られたWebサイトを指すことが多く、HTMLの知識がなくてもホームページの開設や更新ができるという特徴がある。

コトバンク

 

個人や数人のグループで運営され、日々更新される日記的なWebサイトの総称。内容としては時事ニュースや専門的トピックスに関して自らの専門や立場に根ざした分析や意見を表明したり、他のサイトの著者と議論したりする形式が多く、従来からある単なる日記サイト(著者の行動記録や身辺雑記)とは区別されることが多い。

IT用語辞典 e-Words

 

ブログというのはWEB上に残す「記録(ログ)」のことなんですね。その「記録(ログ)」には、個人的な日記としての役割と、専門や立場に根ざした記事としての役割とに分かれています。

 

 

ブログに書くことはあなたにとっての「当たり前」

 

ブログはウェブ上に残すログ(記録)のこと、という定義は分かっても、では日々何を書いていけばいいのか?ということですが、ズバリ!ブログには、あなたにとっての「当たり前」を書けばいいのです。

仕事というのは、誰かの役に立つことです。自分の知識や当たり前と思ってしていることが、お客様の役に立っているはずですから、ブログにも仕事と同じことを書けば良いということです。

 

エステサロンを経営しているなら、美容の知識をブログにできますよね?スキンケアは手でするかコットンを使うか?など。そういうネタなら尽きないはず。

ネイルサロンだったら、二枚爪になった時の対処法、甘皮処理の方法など爪に関する知識。間違った爪の切り方とか。ニッパーって何?とか。

いずれも、自分にとっては当たり前の知識だけど、一般人にとっては当たり前ではなく、全く知らないことが多いのです。

 

 

自分が書いた記事が誰かの役に立つ。誰かをハッピーな気分にして人生も変えちゃうかもしれません!!

「そんな、大げさな~」と思うなかれ!書く時の意識をちょっと変えるだけで、それは実現できます。

 

つまり・・・

 

書きたいことを書くのではなく、お客様が知りたいことを書く。

 

自分の持っている経験や知識は自分にとって当たり前過ぎて、特別のことだと思えないかもしれません。でも、自分にとっての当たり前は、みんなの当たり前じゃないということを覚えておいてください。

そして、それは、誰かの役に立つどころか、その人をしあわせにすることに繋がります。悩みが一つ解決すれば、視界が開けて明るい気持ちになりますよね!

 

自分が書きたいことを書くのはただの日記としてのブログ。専門性のあるビジネスブログにはl、お客様が知りたいことを書いてください。

そうすれば、冒頭のお悩み、

「ビジネスブログって何を書けばいいのでしょうか?」というお悩みはは解消できます。

 

 

[adrotate banner=”6″]

 

 

ブログ著者

もち月りえ
もち月りえウェブプロデューサー、ディレクター
東京生まれ下町育ちの50代
共働き→15年間の専業主婦生活→45歳でフリーランサー。今は会社員。
主婦時代、ネットオークションに出品したことがきっかけでマーケティングに興味を持つ。「なぜ売れるのか」「なぜ買うのか」購買心理を考えるのが好き。趣味:テニス、SNSで情報収集。