お客様のメールボックスには本当に大切なものだけが残る

 

お役立ちサロンのもち月りえです。

 

インターネット上にあるFacebookやTwitter、LINE、インスタグラム、etc…

いろいろなコミュニケーションツールが増えました。電話をしなくても家族や友だちとの連絡にも使えます。

でも、インターネットが普及したころからある「メール」って、流行り廃りと関係なく、ずっと使っているインターネットのコミュニケーションツールなんですよね。

SNSを使っていても、変わらず使うメールには、どんな役割があるのでしょうか?考えてみたいと思います。

 

 

すぐに伝えたいときはSNS

 

携帯電話、携帯メールを使っていた時代はあっという間に過ぎて、アップル社がiPhoneを発表してから一気にスマートフォンが普及しました。

口コミ的な情報や、伝えておきたいことには、メールはあまり使わなくなりました。リアルタイムで送りたい情報はFacebookメッセージが多いですね。

 

ガラケー時代のメールは、急がないけど伝えておきたいこと(急ぐ時は電話)という感じでしたから、SNSはスピード感がありますね。

伝えたいことがあると、すぐに繋がる、既読する(のがわかる)というのはすごいと思います。良いか悪いかは別として(笑)

 

 

メールボックスに残るものは大切なもの

 

LINEやFacebookメッセージもメールのように使えるのですが、例えば大事なファイルなどをFacebookメッセージで送るのはなんとなく怖いなあと思います。

例えば、請求書や契約書の類いは、メールで送りたいですよね。

それは。ビジネス上のルールでもあるかなと思います。

 

メールボックスに残るものというのは、長く保管しておきたい、記録として残したい、そんな大切なものではないでしょうか?

もちろん、ときどき迷惑メールのようなものも勝手に送られてきます。でも、それは自分の意志でいつでも削除できます。

本当に残しておきたい大切なものだけが、メールボックスに残っているのではないでしょうか?

 

そう思うと、やはりメルマガは大事だなあと思います。お客様のメールボックスに、いつまでも残るようなメルマガを配信していきたいですし、そのようなメルマガを受け取りたいとも思います。

 

 

[adrotate group=”3″]