ビジネスブログを書くときに知っておきたい3つのこと

ウェブ集客といえばブログ。だけど、ただブログを更新しているだけでは、思い通りになかなかお客様が集まってきません。

日々の出来事や好きなことを書くのもブログですが、これは「日記」のようなもの。新しいお客様と出会ったり自分のレッスンや講座に来てもらいたいという目的があるのなら、日記ではなく情報発信を意識しましょう。

情報発信のためには準備が必要ですが、まずは3つを準備してみましょう。

①ペルソナを決める

情報発信を意識するために大切なことは自分の事業のターゲットを先に設定すること。そして、ペルソナと言って理想のお客様像を決めることです。

ペルソナですが、かなり具体的に決めた方が良いです。

「こんな人がお客様だったらいいなあ」「わたしの提供するサービスはこんなお客様にピッタリ!」という人物をひとり想像してみてください。

その人物像は自分の理想のお客様A子さんとします。これからは「理想のお客様A子さん」のことだけを考えます。

②ペルソナが求めていることを想像する

A子さんは、「◯◯になりたい!」「◯◯が欲しい!」「◯◯したい!」など、求めていることが叶えられる情報を探しています。それを自分のサービスで叶えるのがわたしたちの役目です。

それをブログで伝えるわけです。例えば、あなたが整理収納アドバイザーなどのお片づけの専門家だとします。雑誌に載っているような素敵な部屋に住みたいなあ、そんな部屋にしたいなあという希望を持っている女性がA子さんとします。

A子さんの希望を叶えるための情報をブログに書いていきます。どうしたらA子さんの求めていることが現実に近づいていくか、とイメージして、具体的にどうすればいいかを記事にするのです。

③タイトルを考える(あるいは内容)

ブログを書く前にタイトルを考えると書きやすいです。例えば前述したA子さんに書くとしたら、『部屋をスッキリ片付けて、ショールームみたいな部屋にする方法』とか、『ごちゃごちゃがスッキリして優雅にお茶をしたくなる部屋の作り方』とか。

もし、タイトルを先に決めるのが難しいなら、「何を書くか」内容を先に考えても大丈夫。片付けの手順、引き出しの中を整理する方法など、A子さんが知りたいことを書きます。

理想のお客様は(この場合はA子さん)、自分の知りたいことを求めて検索しています。理想のお客様(ペルソナ)をハッキリ明確に決めておくことで、検索するときに使う言葉(キーワード)をブログで提供することができます。

まとめと大事なこと2点

ブログを書く前にまずやっておきたいことは、
①ペルソナを決める
②ペルソナが求めていることを想像する
③タイトル、あるいは内容を考える

大事なこと①中途半端な内容はNG

「続きはレッスンで」「続きはメルマガで」などと途中で終わらせる記事は印象が悪いです。
ブログでお客様のほしい情報、問題を解決する内容を書いてしまっていいのか心配かもしれませんが、記事を読んだだけで解決できる人はそもそも自分のお客様ではないのです。

こんなに詳しいんだから「きっと私の願いを叶えてくれる!」とか、「こういう考えの人なら任せられる」とか、「こういう仕事をする人なら信頼できるかも」もあるでしょう。読んでも自分でできなかった、プロに相談してみたい、プロに頼みたい、という方がお客様です。

大事なこと②導線を作っておく

ブログだけですぐにお申し込みには繋がらないということを知っておいてください。そのためにも、関連記事の紹介で他の記事を読んでもらったり、お問い合わせ、メルマガ登録、お試しレッスンなどの、お客様にとって気軽にアクションできるものへの導線をしっかり作っておくことが大事です。

では、早速記事を書いてみましょう!

ブログ著者

もち月りえ
もち月りえ初心者専門ウェブコンサルタント
東京生まれ下町育ち。
キャリアのない専業主婦からフリーランサーに。主婦の時に楽天フリマで出品しながらマーケティングを独学。「なぜ売れるのか」「なぜ行列なのか」「なぜ買うのか」など女性の購買心理を考えるのが好き。趣味:テニス、SNSで情報収集。

ビジネスブログを書くときに知っておきたい3つのこと” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。