マーケティングを知らない主婦が楽天オークションでしていたこと

 

最近、よく聞かれるのですが、『もち月さんは以前からウェブのお仕事をされてたんですか?』って。

答えは『いいえ』です。
ウェブ制作もマーケティングも、過去に仕事としては未経験です。経済学部でもないし、MBAもなし。

企業に勤めていた時にも、インターネットがなかった時代からコンピュータを扱う会社にいましたが、企画運営や業界のイベントなどに携わっていたものの、『マーケティング』や『市場調査』を本格的にしたことはありません。

 

ではなぜこの仕事をしているかというと、今から十数年前の専業主婦のときの楽天オークションの経験がが大きく影響しているのではと思っています。

今回は、みなさんの役に立つかどうかわかりませんが、マーケティングを知らない主婦が、オークションで売れ残り知らずになるまでにしていたことを書きます。

 

 

マーケティングを知らない主婦がしていた市場調査的なこと

 

プロフィールにも書いてありますが、楽天オークション(当時は楽天フリマと呼ばれていました)では着られなくなった子ども服や自分のものを出品してお小遣いを稼いでました(笑)と言ってもそんなに荒稼ぎできるわけもなく、本当に微々たる金額でしたが、そこで経験したことはリアルなマーケティングだったと思います。

 

始めからお小遣い稼ぎができていたわけじゃありません。最初は出品しても、入札者がいないままオークションが終わるという感じでした。

似たようなものを出品していても、入札があるのとないのとではなにが違うんだろう?そういう疑問に答えてくれる人なんていないので、人気のあるページを見て回りました。

 

・入札が多いものはどんなものなのか?

・スタート金額はいくらに設定してるのか?

・どういうものが高く落札されるのか?

・写真はどんなものが良いのか?

・内容文に書くべきことはなにか?

 

とにかく知りたいことは山ほどあったので、人気の出品者のページを見ては真似したりしながら、研究してました。時間がたっぷりあったんです(笑)

出品するだけでなく入札もして、落札者の体験ももちろんしました。メールのやり取り、ラッピングやメッセージカード、金額に見合ったものかどうかなどを参考にしてました。

 

その頃は、今のシステムと違ってほぼ手作業でしたから、メールのやり取りや送料の確認、振込みの確認など、まるでネットショップと同じでしたね。

これって、リアルなマーケティングですね、今思うと。

そうこうしているうちに、出品したものは必ず落札されるようになりました。そうなると、入札してくれる人もリピーターが多くなってきました。

 

楽天オークション

 

ノウハウを初心者におしえたら再現できた

 

わたしの話しを聞いたパソコン買ったばかりのママ友が、『わたしもやってみたい!』と言ってきました。彼女はガラケーの入力は早いけど、パソコンは初めて。不安要素盛りだくさんだったのですが、熱意に負けておしえてあげました。

 

わたしは学生の頃、英文タイプライターの授業で(古)ブラインドタッチはマスターしていたし、就職先もコンピューターの会社だったので、通信機器を使うということにまったく抵抗を持ったことがありません。

でも、彼女は人差し指しだけでキーボードを打つ人(笑)。まずキーボードの打ち方は、子ども用に買ってあったドラえもんのキーボード練習用ソフトを貸してあげました。

 

それと並行して、楽天オークションの流れをノートに書いたものを渡して(マニュアル)、それを見ながら出品の方法、メールの送受信方法、メールの内容文、どんな写真を用意するかなど、文字通り手取り足取り教えました。

『これ売れると思う?』という相談も随時受けてました。

 

そうしたら、彼女の出品したものもみるみる落札されていきました。慣れた頃にはデジカメも買って、写真の質も上げたりしてかなり腕を上げてました。その頃には、キーボードも人差し指以外も使えるようになってたし(笑)

なにより、彼女の熱意がそうさせたんだと思ってます。

 

パソコン

 

 

「得意なこと」を仕事にしました

 

でも、こういうことを仕事にするなんて、その頃は夢にも思ってませんでした。自分のできることって、特別な感じがしないものですよね?これが自分の得意なことだなんて、最近まで気がつかなかったくらいです。

 

でも、どんな人にもわたしの仕事が受け入れられるかというと、そうではありません。わたしより詳しい人は山ほどいるので、わたしは苦手な人、初心者の人に対して仕事をします。

「どんな人に、どんなことを提供するか」

ここを絞ると、自分の商品・サービスがもっと磨かれると思いますし、ここをしっかり絞らないと、発信することがぼやけてきてしまいます。

 

楽天オークションでの出品も、『どんな人に、どのようなものを出品するか』を明確にしていたので、売れ残りはほとんどありませんでした。

そういえば、父の高級洋酒を頼まれて出品したことがあるのですが、洋酒はコレクターがいることを確認して、その層が知りたいことを絞って出品したら、すぐ売れました。

それが一番お金になったけど、父に返しました(笑)

 

失敗経験もたくさんあって、今は笑い話ですが、機会があったらお話ししますね(^_^)

 

 

[adrotate group=”3″]

 

 

お問い合わせはこちら

ご相談やお問い合わせはこちらからどうぞ。