「応援したくなる企業」の時代:売り込まないで「売る」方法は?に答えてくれる本の紹介

*この記事は2014年10月17日に書かれたものを、2019年2月6日に内容を編集して更新しています。

今回ご紹介する本は、多業種に関わるマーケティングの大手広告代理店博報堂だからこそわかる、市場について書かれている本です。

「応援したくなる企業の時代」 マーケティングが通じなくなった生活者とどうつき合うか

博報堂ブランドデザイン著

企業向けに書かれた本なのですが、個人事業やスモールビジネスのわたしたちにも、ヒントがたくさん詰まった本でした!

あおったり、売り込みをしたくない!
「売らない」で「売る」には、どうしたら良いの?

そんな疑問に答えてくれる内容です。

でも、いわゆるノウハウ本ではありません。本の帯に書かれているのは・・・

・「ターゲットにモノを売る」というまちがい  

・「差別化のポイントはどこ?」という不見識  

・「ニーズはなんだ?」と問うあやまち  

・「勘でものをいうな」がもたらす損失  

・「どんなアウトプットが得られるんだ?」と問う不利益  

・「下から意見が出ない」という勘ちがい  

・「仕事にプライベートをもち込むな」という非常識

これら7つのことをすべて疑い、真逆の発想でビジネスを構築するという内容です。

わたしたちにも関係することをピックアップしてみました。

マーケティング用語は軍事用語?

マーケティングの用語には、そもそも軍事用語である言葉が使われることが多々あります。

例えば「ターゲット」「戦略」という言葉。

この本の中でも、これらの言葉は今の時代にそぐわない言い方と言っています。
ターゲット = ファン

戦略 = 中長期的な方針や計画

よく使われる言葉ですが、そもそもお客様はわたしたちの「敵」ではありませんよね。

便利だし伝わるので「ターゲット」は使っていくと思いますが、「敵ではない」ことはしっかりと認識しておかないといけませんね。

応援されるために大切な3つのヒント

応援したくなる、応援されやすい企業や会社とはどんな会社なのか?なぜ、応援されることが大切なのか?

この本のなかで、そのヒントを3つ見つけました。

・「モノを売る」発想から「仲間を広げて行く」発想へ転換すること。

・未来のお客様の「こうなりたい」と、会社の「ビジョン」が一致していること。

・未来のお客様とコミュニケーションしながら商品やサービスに磨きをかけていくこと。

少々抽象的な印象の言葉なので、これを具体的にどうするか?ということを考えなければ。

これ、大企業よりも私たちのような小規模、個人事業の方がやりやすそうですね。(多分)

大手広告代理店のマーケティングの目線を知ることができる、とても良書でした

ブログ著者

もち月りえ
もち月りえ初心者専門ウェブコンサルタント
東京生まれ下町育ち。
キャリアのない専業主婦からフリーランサーに。主婦の時に楽天フリマで出品しながらマーケティングを独学。「なぜ売れるのか」「なぜ行列なのか」「なぜ買うのか」など女性の購買心理を考えるのが好き。趣味:テニス、SNSで情報収集。