あなたの集客にウェブは本当に必要?

今日は、「そもそも自分にウェブが必要なのか?」という大胆なテーマでいきたいと思います。

というのも、私はこれまで

  • ウェブが苦手(TT)
  • インターネット?よくわからない(TT)
  • 何からやっていいのやら(TT)

という方々にホームページ作成やウェブ集客のコンサルをしてきました。

中には「コピペ」という言葉を知らない人もいたりして(ホント笑)、でも、そういう方も努力によってブログを書いたり、メルマガを配信し集客できるようになりました。

 

そうか、何事も努力よね、うん。という話をしたいのではありません。

むしろ、「その努力は自分にとって本当に必要か?」というのを一度考えてみて欲しいのです。

口コミだけで集客していた時代

私の友達で手芸の先生がいます。インターネットがない時代から自宅や公民館で教えたり、自分の作品を販売していました。

ご主人の転勤でイギリスで生活していた時に習得した技術で、帰国後(その頃はまだ珍しかった)ヨーロッパのパーツを使ったアクセサリーを教えていたんです。

「どうやって集客してたの?」 って聞いてみたことがあるんですが、「興味のある人が自然と集まってきたのよ~。あとは口コミ。」というお返事笑。なんて羨ましい!!

インターネットがない時代は、チラシ配りや公民館の掲示板、などを使ったりしてとにかくアナログでした。

今の時代はネットで集客?本当に?

今、多くの人はウェブを使って情報を得ています。でも、逆にウェブをあまり使わない人もいます。

例えばすぐに思い浮かぶのはシルバー世代や高齢者。スマホもタブレットもPCも使えるアクティブシニアと呼ばれる方々もいますが、まだ少数です。

他には、パソコンは苦手、スマホではLINEがメインで他のSNSはしないという方もいます。

SNSをしないという人に、どうやって自分を見つけてもらいましょうか・・頑張ってブログを書いたりSNSに投稿しても、自分のターゲットに届かないとなるとちょっと萎えますよねえ(TT)

そこで重要なのが、「誰に」向けたものなのか?その人はどんな人なのか?を深掘りすることです。

  • スマホは持っているか
  • 日頃から検索をする人か
  • SNSのアカウントは持っているか
  • 自分でも投稿するか見るだけか
  • ネットバンキングは使っているか

などなど、ネットと親和性のある人かどうかもとても重要です。その上で「どんな手段で伝えるか」を決めるということです。

ウェブなのか、従来のアナログが良いのか、両方必要なのか。

「誰にどんな手段で伝えるか」

この視点でもう一度考えてみましょう!